カテゴリー「Message」の記事

2008年8月30日 (土)

第38回定期大会,おめでとうございます

■京都書房労組の皆さん,第38回定期大会,おめでとうございます。地協総会の議案書に報告されていました職場報告を読みまして,その感想などをお送りし,貴大会へのメッセージといたします。

■組合員が少数になり,高齢化して,若い人がなかなか組合に加入しない職場は,めずらしくありません。高齢化による企業別組合の消滅という事態は,現実の問題です。そこから,出版情報関連ユニオンへの移行という方向も打ち出されています。しかし,ユニオンへの移行など,現実的な処理方向を考える前に,こうした状況をどう考えたらよいか,そこが問題になると思います。

■第一は,労働組合を本当に必要としているのは,だれか,という問題です。

 今はかろうじて残っている少数の組合員が全員退職した後で,労働組合が消滅しても,それは,今の組合員には大きな影響はないはずです。労働組合の消滅は,どう見ても,残された労働者の問題であって,労働組合が必要かどうか,存在意義があるかどうか,それは,残された労働者一人一人が判断することだと思います。

 出版労連に加盟する労働組合が存在しているような職場は,それだけで,十分に恵まれている面があると思います。今,本当に労働組合を必要としているのは,身近に労働組合がなくて,時給1000円で働いていて,4か月で(雇用保険もでないまま)一方的に解雇されてしまうような,解雇されてからインターネットで労働組合を探すような,そういった労働者ではないでしょうか。

 オープンショップの労働組合では,職場の非組合員には,いろいろな立場があります。主義,主張から加入しない人もいます。躊躇しているだけの人もいます。人間関係から判断する人もいます。それは,多様だと思います。しかし,いずれにしても,労働組合が存在していることによるメリットを享受することができます。その上に,非組合員の立場だからこそ,享受できる「旨み」もあります。積極的に享受する人もいれば,そういう考え方をとらない人もいるのは,確かですが。

 つまり,オープンショップの職場では,組合に対するフリーライダー(「ただ乗りする人」という悪い意味合いではなく,そういう状態を示すだけの,中立的な意味の言葉です)が許されるわけです。労働組合加入を強要することはできません。フリーライダーを許さないはずのユニオンショップの職場でも,事実上のフリーライダーが存在しています。労働組合加入は,各労働者の自主性と自発性に任せる以外にないと思います。加入してからでも,どういう関わり方をするのかも,当人に任せる以外にはありません。

 フリーライダーの状況から組合加入を考えて見ると,組合費をとられる,自由時間をとられる,仕事をする時間をとられる,会社から悪く思われる,業務以外で評価される,など,デメリットばかりが目につくはずです。もし少数派の組合に加入したら,組合の業務を押し付けられるとか,そうしたデメリットがとくに拡大されるわけです。

 今の労働組合に,そうしたデメリットにまさるメリットがあるか,どうか,どうしても考えざるを得ません。そういうフリーライダーは,現状が維持されるなら,自分から行動を起こすことは,たぶん少ないでしょう。労働組合が存在しなくなって初めて,状況をつかみ直す契機が訪れるわけです。

 もちろん,労働組合からの訴えかけ,働きかけは,基本です。しかし,そうした「組織拡大」の取り組みを過大に評価し(そうした取り組みに過大な位置づけを与え)たり,その結果,成果がなかった場合でも,それを労働組合の側の自己責任と捉える(やり方が足りないから成果があがらないと考える)必要はないと思います。

■第二は,組合運動の核は,どこにつくったらよいか,という問題です。

 労働組合が存在しなくなってフリーライダーの立場も消滅したとき,または,フリーライダーの労働者でも,倒産,リストラ,個人攻撃など,深刻な問題が起こったときには,労働組合との関係を考え直すかもしれません。

 そうしたときに頼りにできる,核となる“運動体”が,どこかにあれば,それでよいと思いませんか。そういう“運動体”が,職場の中に存在していなければならない必要性は,どこにもないと思います。職場の中にある労働組合は,どうしても企業内の労働組合員の共益性を第一とする方向に進み,労働組合が本来,持っている公益的な役割が果たされなくなって行くと思います。それは,労働組合の信頼性の低下という問題でもあります。

 これからの労働運動では,運動の核は,職場の外にある方がふさわしいと思います。公益性が担保されます。それぞれの職場では少数でも,そういう労働者が寄り集まって,公益性を発揮した運動ができるようになります。さらに,“運動体”が職場の外にある方が,むしろ,多くの職場の労働者の頼りになることができます。それが,個人加盟ユニオンの運動です。

■第三は,労働組合の信頼性をどう高めていくか,という問題です。

 今の労働組合は,自分たちの既得権益(共益)擁護を目的として,全体的な利益(公益)を考えない集団と思われているのではないでしょうか。今の労働組合は,職場や社会の全体的な利益を代表しているか,どうか,検討すべきときだと思います。

 具体的には,次のようなことです。労働組合が,特定の労働者層の利益(共益)を擁護しているのではないか。他の労働者層の利益を阻害していることはないか,どうか。労働組合が既得権益にしがみついているように見えないか,どうか。

 一方で高給をとって仕事に埋没でき年収1000万を超える労働組合員がいて,もう一方で,非正規で仕事は不安定で年収200万円のフリー労働者がいる,という構図をどう考えたらよいでしょうか。

 また,同じ職場において,経済成長が続いた時代に年齢給賃金体系の元で順調に昇給してきた中高年層と,賃金が先輩に追いつかずにもぐりこみ現象で相対的に賃金が低下している若年層との関係をどう考えたらよいでしょうか。

 こういう二重構造は,労働組合の公益性を阻害することになりかねません。労働組合としては,当然,全体的な利益をはかることを考えるべきで,そこに至る過程では,仕事を共有して,賃金を分け合うというワークシェアリングも検討しなければなりません。このような公益性の発揮が目に見える形になっていかない限り,社会における労働組合の信頼性は高まっていかないと思います。こうしたことを,労働組合の方針として考えていきたいものです。

■以上,書いてきたことは,個別的に貴労組を念頭においたものではありません。一般的な問題提起と捉えていただき,今後,さらに議論を進めるきっかけになればと思っております。

出版情報関連ユニオン・京都支部
支部長 吉田明生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

新風舎の皆さんへのメッセージ

 会社の倒産ということで,たいへんだと思います。そういう機縁で私たちのユニオンに加入されて組合員になった皆さんに,京都から心から連帯のメッセージを送りたいと思います。二つあります。

 第一は,私たちユニオンと「助け合い」の意味です。

 私たちのユニオンは,助け合いを広げるための組織です。困っている人を助ける輪を大きくすることによって,すべての働く人が,
  安心して仕事をし,
  仕事で力を発揮し,
  その結果,よりよい生活を楽しむことができる,
こうした社会をめざしています。確かに一人一人の力は小さいのですが,助け合って,力を合わせれば,そうした社会の実現も可能になるというのが,私たちの信念です。出版情報関連ユニオンは,そうした信念から,あらゆる労働相談に対応し,活動しています。

 そして,今は助けてもらっている立場の皆さんが,自分の問題を解決してからは,次には助ける側に回って,経験と力を発揮してほしいというのが,私たちの切なる願いです。組合に加入すれば,組合費も払わなければなりませんが,それは,専従組合員の生活を支えるだけでなく,助け合いの活動をいっそう充実させていくための経費です。支え手のすそ野を広くし,助け合いの活動ができる人材をふやし,困難に直面しているより多くの人と手を結ぶことができるように,そう願っています。

 第二は,「労働者の責任」ということです。

 私たちは,会社に雇われて,その指揮命令に従って仕事をしています。しかし,会社から言われたことを言われたとおりにこなしているだけでは,労働者として責任を果たしたことにならないと思います。

 会社は,労働者を雇って生産をすすめ,基本的に利潤をあげるための組織ですから,ときには,法令に違反したり,自分勝手な理屈で消費者を裏切ったりすることもあります。

 そういうことは,どんな会社でも珍しいことではないと思いますが,その会社で働いている労働者が,まず,そういうことを許さない「歯止めになる責任」があると思います。その会社で働いている労働者は,外側にいる人よりもはるかにたくさんの情報をもち,会社の実態,問題点を把握しているはずです。そういう労働者が,会社と一体になって口をつぐんでいることは,社会的に許されない無責任です。

 会社の犯している法令違反はもちろんのこと,道義的な責任についても,労働者がきちんと会社に指摘しなければなりません。そうはいっても,もちろん,一人の立場では難しいでしょう。ですから,仲間をつくり,労働組合として,労働組合は,法律上会社と対等な立場の団体ですから,堂々とものを言うことができます。

 労働組合とは,会社に賃金や一時金の要求をして交渉するものだというのは,まったくの誤解です。労働者は労働組合に結集することによって,お金のことなどよりも,もっと大切な社会的な役割と責任を果たさなければなりません。それはもちろん市民としての義務でもありますが,労働組合という憲法上の特別の権利を与えられている労働者は,普通の市民よりも率先して,義務に忠実であることを求められています。

 新風舎の皆さんは,私たちユニオンの組合員になったのですから,これからどのような職場で働くことになったとしても,会社をチェックするという「労働者の責任」を,ユニオンととも活動することによって果たしていただきたいと思います。

 以上二点を,京都からのメッセージとします。当面,たいへんでしょうが,がんばってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

新学社労組御中,定期大会の開催,おめでとうございます。

 貴労組にとっては,また今年も皆でそろって定期大会を迎えることができたというのは,たいへん素晴らしいことだと思います。おめでとうございます。
 会社の「新生と改革」によって危うく路頭に放り出され,ホームレスの危機をむかえたところ,どうやら引き続いて住む家を確保することができました。この間のユニオン京都としての総括(2007/9/21,総会議案書)は,次のようになっています。
***************
 新学社グループにおける合理化は,2005年7月に発表されたが,これに対する闘いの結果,同年11月末には事実上白紙撤回させる確認書が成立し,組合側は大きな成果をおさめた。しかし,問題を引き起こした経営責任はそのままになっていて,労働者の反発が続いていたところ,2006年11月に突然,新学社の社長交代,子会社(株)ポピーの経営陣の総交代が発表された。新学社といえば,京都本社だけで250人の大企業であり,最終的にその経営トップがふきとんだわけで,わずか二人の出版労連・ユニオンの組合員の存在が,徳島の新学社労組などとの連携のもと,大きな役割を果たすことができた。この間の闘いの決定的な勝利を,今こそ確認しておきたい。
***************

 「変革と新生」は,結局どう総括したらよいのでしょうか。「徳島事業所」が残ってよかったというのは,確かだと思いますが,そのような一面的な総括だけでは,今後の運動の方向は出てこないと思います。「変革と新生」の結果として,「徳島支社は消滅はしなかったが,事実上,解体されてしまった」という所をあわせて確認することが重要だと思います。こうした総括によって,闘いの成果(よく闘った面)と,敗北(闘いきれなかった面)の両方をみる総括が必要だと思っています。ここが違うと,次の方針が違ってくると思います。

 闘いきれなかった面,敗北の面を見るのはつらいかもしれません。しかし,当該組合の組合員は,加入した人もいたが,脱退した人もいたというわけで,徳島事業所のさびしい建物内の様子を見れば,あの闘いの結果の一面,闘いきれなかった面は,明白だと思います。ここを直視することが必要だと思います。

 そのうえで,今後ともいっそうの奮闘が求められていることが確かになっていると思います。以上の総括をふまえて,個人的な考えですが,下記の二点を提案したいと思います。

(1) 今後とも,「現在の住居」を確保していくには,引き続いて会社との関係で運動を展開していく必要があると思います。以前もお話ししたことがありますが,京都の本社と東京の支社の社前で,徳島の組合旗をかかげて出版労連の宣伝をするビラまきを行うことは,ひじょうに重要だと思います。ぜひ,今秋年闘と春闘の中で実現させましょう。

(2) また,「現在の住居」が確保されたからといって,その中で満足してしまうならば,「安楽死」に導かれるだけです。現在の職場は組合員だけになってしまったわけで,今の企業別組合のままでは,運動や組織を展開していくフィールドが奪われているからです。組織と運動を個別企業の枠にとらわれないようにすることを,「新生と改革」に対する私たちの最終的な回答にしたいと思います。外堀も内堀も埋められてしまったのですから,自分たちで新しいフィールドをつくっていくことで,始めて反撃したことになるのではないでしょうか。出版に関係する書店,取次などに働く仲間を迎え入れることができるような「個人加盟労組」,すなわち,貴労組が「出版ユニオン徳島」に移行していくことは,今こそ検討されると良いと思っています。ご相談にはいつでものらせていただきます。

 以上で,貴労組の大会にあたっての出版ユニオン京都からの連帯のメッセージとします。

出版情報関連ユニオン京都支部,支部長 吉田明生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

京都書房労組の大会へのメッセージ

京都書房労組 御中

 貴労組の定期大会の開催,おめでとうございます。日頃のご奮闘に敬意を表し,ユニオン京都から連帯のご挨拶を申し上げます。

 私たちの出版情報関連ユニオンは,京都支部でこそ1人職場の組合員はいませんが,東京の各支部では,一つの職場に一人の組合員という状況が珍しくありません。それこそ少数派として居直るしかありません。また,経営に対して非通知(昔の言葉で言う「非公然」)の組合員もたくさんいて,春闘など対経営交渉を行っている(行うことのできる)職場のほうが少数です。

 労働組合なんだから,要求を出して経営者と交渉をして,労働条件の向上を図る,こんな当たり前のことでも可能になるには,多大の労力と時間がかかるのが実態です。

 日本全体で見れば,企業別の労働組合運動が全面的な後退に向かう中で,個人加盟ユニオンの運動に依存せざるを得ない貧困層(労働条件において著しく貧困な労働者)が拡大しています。これからの労働運動は,各組合員の置かれた状況に応じて人間らしい生活と労働を追及し,社会的な運動としての労働組合を再構成していく局面にあると思います。

 貴労組をめぐる困難な状況が,どういう団結の力で解決の方向を見いだせるのか,また,解決が困難になる中でもすべての組合員が輝いて生きていけるような運動,連帯とは何か,討論の深まりを期待してユニオン京都からの連帯のご挨拶といたします。

                 ユニオン京都支部長・吉田明生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

新学社で働く皆さんへ。

■1■
 企業の健全な発展は,経営者と従業員すべての共通の願いです。しかし,経営側だけが息巻いても,うまくいきません。とくに,従業員の理解と協力,労使間の信頼関係がたいせつではないでしょうか。
■2■
 労働組合は常に経営者と対峙している訳ではありません。労使が双方の考え方をきっちりと職場に反映し,信頼し合って協力していけば,会社の発展につながります。その意味で,経営側が,労働組合の名称を変えるように主張したり,交渉に不誠実な対応をすることがないように求めたいところです。
■3■
 また,従業員の「生活の質」への配慮も大切です。無用な転勤,無理な出向などによって,家庭をもつ従業員が単身赴任を強いられるようなことでは,その家族全体の「生活の質」を悪化させてしまいます。また,出向や転籍によって,賃金や一時金が低下してしまうようなことで,新しい職場で元気が出るでしょうか。
 従業員は,転勤や出向に応じざるを得ないことが多いだけに,経営側の配慮が必要ではないでしょうか。「生活の質」に関するいろいろな思いは,必ず職場に沈殿し,職場の元気を阻害していくからです。
■4■
 出版情報関連ユニオン京都支部(出版ユニオン京都)は,2004年9月に結成し,現在,文英堂,中央図書,(株)ポピーなどの職場の組合員で構成しています。管理職でも,アルバイトでも加入できます。困ったこと,相談したいことなどがありましたら,遠慮なくご連絡ください。

******************************************************************************
 出版労連
    出版情報関連ユニオン京都支部(出版ユニオン京都)
 出版労連・教材共闘会議
    新学社労働組合
******************************************************************************
Working Network 出版ユニオン京都
http://www.syuppan.net/kyoto/
    ↑ What'New? で最新の記事が分かります。連絡などのメールもここからどうぞ。
******************************************************************************
2006年11月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

啓林館労組 御中

 啓林館労組の裁判闘争が終わったときに,頼まれていた記事を送ったのですが,報告集その他いずれにも採用されませんでしたので,ここに掲載しておきます。


 退職金一部不払い問題でのご奮闘に,敬意を表します。理不尽なことでも力任せにゴリ押ししてくる経営の姿勢は,ひじょうに残念ですが,これを機会に労使関係の改善をはかって行かれるよう,期待しております。

 先日,その問題の訴訟の資料を見せていただきましたところ,会社側の弁護団の中に懐かしい名前を見つけました。その弁護士は,20年ほど前にも,文英堂の会社側弁護人(代理人)をつとめていまして,ああ,この人は「この道一筋」なんだな,と,昔を思い出しました。

 1985~92年の間,文英堂では会社の職能給導入,団交拒否などの不当労働行為について,京都地労委,東京都労委,中労委の労働委員会のほか,裁判でも京都地裁,大阪地裁,東京地裁,大阪高裁,東京高裁,最高裁などで,いろいろな事件を争っていました。その弁護士は,文英堂の京都本社の事件で,会社側の代理人の一人でした。京都地労委では,証人になった組合員に反対尋問などを行っていました。まるごと会社の主張にそって(それが代理人の仕事ですから,当然と言えば当然ですが)実にくだらない質問をするので,「法律のプロがそんなことを聞くのかよ」と,思ったものです。

 その彼と,いつだったか,大阪地裁(高裁)の建物の中で偶然,会ったことがありました。地下の食堂の前あたりだったかな。気がついたものですから,「あ,こんにちは」とこちらが挨拶しましたところ,「こんにちは。今日は何の用事ですか」と聞いてきたものです。「えっ,今日は判決をもらいにきたんですが。」「あ~そうですか。今日が判決の日でしたか。」というような会話をしたと記憶しています。

 労働組合が会社を訴えて裁判をするとなれば,争いの当事者の労働組合は全力投球ですし,気も張りつめて裁判の行方を見守っています。しかし,会社側弁護団(代理人)にとって,一つ一つの事件は,仕事の一つ一つであって事務的にこなしていくものに過ぎないようです。そういう彼の「仕事」の一つが,現在は,啓林館の退職金一部不払い問題の訴訟なんですね。

 言うまでもないことですが,労使関係は労使の自治がいちばん大切です。本質的に関係のない弁護士などが,取り仕切るようなことはないはずです。裁判所の判断も,よほど法律的に明白な事案でない限り,いろいろな考え方や力関係に左右されることもあります。裁判に訴えざるを得ない時点で,労働組合の弱い立場が示されているとも考えられます。

 と言うわけで,かの弁護士などに,いつまでも「仕事」を提供するようなことのないように,ちゃんと経営を押し込めて解決していただきたいと,切に期待しております。文英堂では,労働組合がほぼすべての裁判で勝利した結果,かの弁護士事務所とは縁が切れたとか聞いております。ただし,未確認情報です。
 
現在,文英堂経営が,新しい弁護士と関係をつくっているかどうか,
それは分かりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

京都書房労組の大会へのメッセージ(2004年)

京都書房労組 御中

 第34回定期大会,おめでとうございます。
 貴労組のご奮闘に敬意を表し,この1年,さらなるご活躍を祈念いたしております。

 私ども文英堂労組は,この9月4日をもちまして出版ユニオン京都に移行しますので,この3日は,文英堂労組の最後の日でもあります。従いまして最後のメッセージでもあります。

 私たちの京都地協は,出版労連の運動を京都に広めるだけでなく,全印総連との関係では,出版労連の運動そのものに先行して,先導していくような役割を求められていると思います。こうした広い団結の形成は,私たちの職場と労働条件にもよい影響を与えるものと確信しております。

 その意味で,貴労組が,これまでから中央執行委員と地協委員の配置に特段の配慮をされ,大きな役割を果たされてきたことに,敬意を表したいと思います。

 運動をのせる労働組合の形は変わっても,めざす方向には変わりはありません。自由にモノが言える職場,誰もが尊重される職場は,ちっぽけな労働条件を吹き飛ばしてしまうほどの価値があると思います。各人が自分の得意な分野で活動することによって,自然に労働組合の全体像ができるようなそんな組織が,理想です。出版ユニオン京都の目指す方向です。

 これからも,倦まずたゆまず共に進んでいきましょう。

 以上,文英堂労組より(書記長:吉田明生)

| | コメント (0) | トラックバック (0)