カテゴリー「愛媛」の記事

2013年1月20日 (日)

いよっこらと輝一

 愛媛県伊予市で野菜,果物を買うのなら,この二つがいちばんお勧めです。
いよっこら…いろいろな種類の新鮮な野菜がそろう。価格も安価。
輝一(てるいち)…土日限定ながら,新鮮,ひじょうに安価。

 
 以下は,『伊豫国あじの郷通信四号 P@CKTTO!』(2012年12月発行)に
載っている紹介記事です。 

Iyo3

Iyo4

 
 いよっこらの焼酎の「いもっこら」,いけます。お魚屋さんでは,こえびを買いました。まだ生きていて,ごにょごにょうごいていました。殻ごと唐揚げにして,肴にいけます。
577866_175664645908161_335943232_n

 輝一では,昨日,おいしい,はれひめ,3袋で山盛り,150+100+100円。買いました(^o^)
Sdsc02442

 輝一のキウィ,食べ頃表示ありで,山盛り150円。買ってません(^ ^;;
S2013011909140000

 輝一の珍しいトロピカルフルーツ3種。赤いドラゴンフルーツ,黄色いスターフルーツは分かりましたが,もう一つ(右下の黄色い果物)は,名前が分かりません。いずれも一つ100円ながら,今回は買ってませんが(^ ^;;
S2013011909090000
↑右下の小さいパイナップルみたいな果実は,
 名前が分かりません。黄色いドラゴンフルーツの小さいものか。
 分かる方,教えてください m(_ _)m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

老人が使えないライター

 うちのお婆さんは,お墓でお線香をあげるとき,ライターを使っている。古くなったので,新しいのを買ってきてと頼まれて,買ってきたのだが,お婆さんの力では,火がつかない。火がつかないと言われて,僕がやってみたが,かなりの力が要る。

 子供による事故を防ぐという目的で,ライターの着火にはかなりの力が必要になっているのだが,これは,困ったことだ。

 木を見て森を見ない類の愚策で,老人はライターを使えなくなってしまっている。ユニバーサルデザインとか,障がい者にやさしいツールとか,バリアフリーとか,かけ声だけはいろいろと聞こえているが,ライターでは老人や障がい者は,完全に置いてきぼりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

ジャンボタニシのピンク色の卵

 近頃,田んぼで見かける,けばけばしいピンク色の塊。これがジャンボタニシの卵。鮮烈なピンク色で,ちょっとなじめない。稲の茎や,水路のコンクリートなどにくっついている。

 ジャンボタニシの正式名は,スクミリンゴ貝。原産地は南アメリカ,アルゼンチンのラプラタ川の淡水巻貝。

 食用として1981年に持ち込まれたのが,日本への最初の流入とされる。しかし,需要もなく,採算が取れないため廃棄されて野生化,西日本で分布を広げている。卵は,稲の幼苗を食害するので,駆除方法が問題になっているようだ。

 

Sdsc01483

Wikiなど,ネットで検索すると,たくさんの記事がある。

Ssdsc01474

ただ,水管理をきちんとして,水田の除草手段としてスクミリンゴガイを利用しようという動きもあるようだ。身近にもそんな人がいた。

松山市のクリア……塗り替え、塗装リフォームなどの店。
  http://www.clear88.net/
  →クリア通信 2012-6月号
どうやっているのか,一度,聞いてみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

稲の虫が目むいだぁ

[1] おやくしさん

これは女房の実家,愛媛県松前(まさき)町内のある地区の8月24日の行事。夕方,村にある小さな祠「薬師堂」に男の子がみんな集まって(昔は女の子は除外),鐘(鉦)をたたいて,
「稲の虫が目むいだぁ。なんまいだ~ぶつ,なんまいだ」
と,大きな声で何回も繰り返して歌うというもの。子供らはお菓子を貰える。

祠には薬師如来をまつってあるようだが,これは,全国的には「虫送り」として行われてきた伝統行事の一形態だろう。ネットで検索してみると,愛媛県の近くの地域では,虫祈祷とか,土用祈祷として行われている行事の中で,まったく同じ唄が出てくることが分かった。それらは田の間を練り歩くようなので,こちらと違って「虫送り」の形がはっきりしている。

Sdsc01468_2

[2] 虫祈祷
虫祈祷 - ジョニーのねこまみれ日記 - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/saisuke/diary/201207210000/

それは,稲の豊作と家内安全をお祈りして,地区内を鉦や太鼓を鳴らし,害虫を退治する唄を唱えながら練り歩くというものです。
なんまいだー
なんまいだー
稲の虫が目むいだぁ
とか,唄いながら田んぼのあぜ道を練り歩くのです。

【出所】虫祈祷 - ジョニーのねこまみれ日記 - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/saisuke/diary/201207210000/
(愛媛県東温市)
2012年7月21日

[3] 土用祈祷

鐘,太鼓で高2:高1:6年生と上級生を先頭に笹をふり,お札をはさんだ竹の棒を左右に振りながら
「ナアマイドウ,ナアマイドウ,稲の虫が目むいだー」
と大きな声を張り上げて,組中の田圃の道を歩いてまわった。そしてお札をはさんだ竹を地区の組の境に立て廻り集会所に帰ると,大人の人から「きなこむすび」と沢庵を頂き,川へ向かう。体についた虫おとしだといって皆で泳いで遊んだ。

【出所】坂本小学校
http://kutani.web.fc2.com/sakamoto-elementary/sakamoto-elementary.htm
(愛媛県松山市)
昭和23年度卒業生の思い出として載っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

2012年,春

菜の花が満開。
Sdsc00276_2
麦もすくすく育ってきた。
Sdsc00362
JR予讃線の特急アンパンマン号。松山発宇和島行き。
Sdsc00344
素朴なお地蔵さんかな。
Sdsc00369
モクレン満開。
Sdsc00427
桜も咲いてきたが,これは,ソメイヨシノではないようだ。
Sdsc00382
水ぬるむ中,コイが群れをなす。
Sdsc00410
今年はツクシを何回も食べた。
Sdsc00414
以上,愛媛県伊予市,松前町にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

不在者投票の方法

 所用で選挙の投票日に遠隔地にいる場合は,不在者投票をすることができる。

(1) まず,自分の本来の住所の選挙管理委員会に投票用紙など書類を請求する。

 請求は告示前から可能。ただし選管から書類が発送されるのは告示の日から。
 請求用の書類はインターネットでダウンロードできる。
    「京都情報館」の「京都市の組織」をクリック,
    「名称」の下の方に「選管」があるので,それをクリック,
    「新着情報」に「請求書ダウンロード」が出るので
 それをプリントアウトして,必要事項を書き込み,選管に郵送する。
 不在者投票をする理由なども選択式で,難しいことを書く必要はない。

(2) 告示後に,現在の住所地に簡易書留で書類が郵送されてくる。

 その中に,投票関係の書類と,説明文書,立候補者一覧表が入っている。
 投票関係の書類は,一括して封緘されていて,
 開かずにそのまま,現在の住所地の選挙管理委員会に持って行く。

 時間は,平日の朝8:30~夕方5時まで。
 午後8時までなどとなっている期日前投票と異なり,時間の制約がきつい。
 勤めのある人は,投票に行く時間を工面しなければならない。

(3) 現在の住所地の選挙管理委員会に行くと,事務局が対応する。

 事務局の担当が封緘した書類を開き,
 氏名および生年月日の本人確認をされて,
 投票用紙を手渡してくれるので,普通に記入して,指示された封筒に入れる。
 記入時には,投票の秘密が保たれるように配慮される。
 投票用紙が入った封筒をさらに別に封筒の中に入れて,表に自分の名前を書く。

(4) 後はお任せ。

 投票用紙は,投票した地の選挙管理委員会が,
 本来の住所地の選挙管理委員会に書留で送ってくれる。
 したがって,投票日ぎりぎりでは開票に間に合わないので,
 なるべく早く投票に行ったほうが良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

玄関チャイム音を大きくする

 愛媛の実家では,来客が押す玄関チャイムの音が小さくて,耳が遠くなった母は,聞き取りにくいとこぼしている。何とか,音を大きくしてほしいとのことだ。配線を調べてみると,壁に埋め込み式で,簡単に取り替えたりはできない。そして,呼び出し音は電話機から出るようになっている。ドアホンみたいだが,昔のもので音声の通話はできない仕様だ。確かに音が小さい。

 新しく無線のドアホンを設置すれば良い。しかし,玄関のコンクリート壁に埋め込んであるスイッチ部分を新しくすると,格好悪くなるだろう。塗り替えたばかりの外壁とのバランスが悪くなる。製品をいくつか調べてみたが,「コンクリートの場合,電波が通じないことがあります」と,書いてある。数千円のものを買って,役に立たなかったでは困る。

 そこで考えてみたが,電話機本体と受話器の間に通話録音アダプターをはさみ,録音機のかわりに,アンプ付きスピーカーを設置するという手もある。アンプ付きスピーカーは,パソコン用のもので大丈夫と思われる。これなら,玄関の方はいじらなくて済む。

TRA-H44WH 通話録音アダプター 4極4芯 受話器接続タイプ
http://www.its-tokyo.co.jp/jyouhoukiki/ic-deji/tra-h44wh/tra-h44wh.html
amazonでも取り扱っている。

 しかし,
(1) これで,本当に玄関チャイム音が大きくなるだろうか。チャイム音は,電話機本体のスピーカーから出ているので,電話機本体の中のスピーカーから配線しないといけないかもしれない。ハンダ付けが必要になる。細かいハンダ付けは苦手だな (^ ^;;

 さらに,通話録音アダプターから音が出るとしても,
(2) 通話録音アダプターには,4極2芯,6極2芯や4極4芯などの種類があるようなので,電話機をよく見る必要がある。

(3) 接続したスピーカーからどのくらいの大きさの音が出るようになるのかも,やってみないと分からない。

(4) 電話の音声,つまり自分の声も相手の声も拡大されて聞こえてくる。スピーカーの位置を考えないといけない。長いサウンドケーブルを用意しておくか。また,電話をかけてきた相手の方では,ハウリングなど,どういう影響が出るのか,出ないのか,そこは分からない。

************************************************************************
 12/11追加。うってつけの製品があった。

(1) ベルマンリンガ 自立コム 聞こえの不自由な方の自立生活を支援する聴覚障害者用機器製造・販売会社
http://www.jiritsu.com/products/product_list.phpid=31&category_no=4

(2) 電話着信フラッシュリンガー MNA-FLR
http://www.mco.co.jp/goods/1226031052742/
************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

伊予の市場

 よその土地の市場にはそれなりに珍しいものがあるものだ。
以下,ユニオンSNS「なかまネット」の徒然帳より転載。

【10/1】いよっこら
 伊予市のJAファーマーズストア 「いよっこら」 は,女房がお気に入り。
 JA会員がそれぞれ自分のつくった野菜を持ってきて売っているようだ。定休日は週一回で,常設。野菜は朝一番に行くとたくさんあるが,午後に行くと,数が少なくなる。それで朝9時の開店と同時の頃が,もっとも混雑することが分かった。

 「いよっこら」でもらったパンフレットによると,愛媛JAは全県で15箇所のストアを展開している。その中で,伊予市,松山市,東温市,大洲市の4箇所はこれまで行ったことがある。こういう店は,見つけたら必ず寄って見ることにしているからだ。あと行ってないところでは,今治市が近いかな (^o^)

 JAのストアとは別に,地元のさらに小規模な土日限定の朝市もあるが,こういうところは,開店の土曜7:30には行かないといけない。遅れると,売り切れが出て,日曜に行こうものなら,ほとんど残り物だけと言った感じになってしまう (先日,日曜の朝8時に行って女房は怒って帰った)。

 ときには,なつめとか,あけびなんかが置いてある。京都では一度も見たことがない。こい金魚めだかの稚魚なんかも売っている(食用ではないと思うが)。めだかにもいろいろな品種があるとは,初めて知った (^ ^;;

 魚売り場では,地元のえびがある。2~3センチの大きさで,唐揚げにして,頭ごと殻ごと食べられる。カリカリしてとてもおいしい。ビールにぴったりだ。魚は,瀬戸内の地元のものがたくさんある。名前を見ても,初めてというものがけっこうある。

 京都でみかけないものは,あと,とりもつ 玉ひも ),とりがら。とりもつは,すでに煮たものは,100グラム500円くらいと高くて買いにくいが,生はぐっと安い。しかし,これは女房が嫌がって料理してくれない。小学生の頃,とりもつ (肝を含む) とか,とりの水炊きとか,がら煮スープにといえば,たいへんなご馳走だった。

 小学生の頃は,農業科のある実業高校の寄宿舎に住んでいたので,牛,豚,鶏などの畜舎も近く,鶏をさばくときには,父 (その学校の教師)か母が,恐らく 「安く」 もらい受けてきていたのだろう。
 とりもつを見て,そんな昔のことを思い出した (^o^)

【10/15】マコモ竹や玄米
 みかんの季節となり,市場にいっぱい出てきている。

 そんな中で,みつけた「マコモ竹」なる食材は初めて見た。調べてみると,マコモという水辺のイネ科植物の新芽になんとか菌が寄生して肥大したもののようだ。

 珍しいものかと思いきや,Wikiによると,アジア各国でも食用や薬用とされる。たけのこを優しくしたような適度の食感と,ほのかな甘味,ヤングコーンのような香りがある。くせがなく,さっと茹でたり,グリル焼き,炒めものにも向いているほか,新鮮なものは生食してもおいしい。とある。

 新米も出てきているが,市場でも農協スーパーでも,30kg入りの玄米が生産者名付きで丈夫そうな紙袋に入れて売っている。玄米を食べる人向けか,自分で精米して食べる人向けか?

【11/13】地元の土曜朝市
 ミカンのシーズンになったので,地元の土曜朝市にもいっぱい出て来ている。何回か買っているが,今年のミカンは,味の方がいま一つの感あり。

 最近のびっくり↓
買いたかったが,いずれも女房の賛同が得られず,パス(T_T)

・クワイ…京都では,お正月用で年末にしか出てこないが,こちらではもう売っている。
・レモン…皮に少し黒いところもあるが,10個くらい入って,100円とか。正規の市場には出せずに,投げ売りか。ホワイトリカーにつける果実酒向けか。
・ザクロ…大人の握り拳大で3個,100円。
・カリン…大4~5個で,100円。これも京都では結構な値段が付いているのだが。
・ハヤトウリも売っていました。
 この春に,深草の畑で誰かが持ってきて,さあ,植えようと言って,ウリの中から種を出すために,胚乳を切ってしまいました (>_<)
 ハヤトウリって,それ自体が一つの種なので,ウリのまま,植え付けるんですよね。

 最近,あちこちで皇帝ダリアが咲いている。2~4mの高さがあるので,車からでもすぐに分かる。皇帝ひまわりも初めて見た。

11/20】 夕焼け
 二日間,雨が降って,今日はやっと晴れたものの,北風が冷たい一日だった。夕方に散歩。とてもきれいな夕焼けを見ることができた。(北伊予中学校辺りから)

Simg_7425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊予の珍しい行事

 8月に京都から愛媛にやってきて,もう3か月経った。
よその土地にはそれなりに珍しい行事があるものだ。
以下,ユニオンSNS「なかまネット」の徒然帳より加筆訂正して転載。

【10/17】 おくま
 15日に村のお祭りがあり,御神輿が一軒一軒まわってきました。そのとき,「おくまは用意されてますか?」と聞かれ,女房も,これは知らなかったとのこと。今は家の塗装防水工事中ですが,そのために,義母(入院中)の指示で,提灯を出しておきました。提灯など,なまじ形をつくっているから,難しいことを聞かれたのかもしれません。

 後で母に聞くと,南天の実と塩と何とかをお盆に載せて出すとか。「おくま」は,ネットで検索しても出てきません。伊予の「おくままんじゅう」は出てきたのですが(^o^)

 qqjiteki さんのところにも,「おくま」とか,あれば教えてください。

 【追加】 後で母に詳しく聞いたところ,おくまとは,お盆に小さなお皿をのせて,そのお皿に塩水をつくって,そこに,南天の葉付き枝を1本漬けて載せるとのこと。

【10/17】 by qqjiteki さん
 初めて聞きました。伊予には古い言葉が残っていておもしろそうですね。
  おくま[御糈・御供米] 「くましね」に同じ
  くましね[奠稲・糈米] 神仏に捧げる洗い清めた白米。洗い米(ま                  い)。お洗米(せんまい)。くま。おくま。
とあります。
 「奠」は香奠(香典)の「でん」で「まつる」「そなえる」の意ですから、お米を供える行為でしょうね。この時期の祭りは必ず米の収穫が終わった頃にあります。私の田舎でも神楽が一件ずつ廻りますが、今はキャッシュを包みます。それが祭りの後の酒代、子供への参加費用になるわけですね。
 「おくままんじゅう」は出張中にも気がつきませんでした。

【11/4】 おいのこさん
 4日に“おいのこさん”の行事があり,夜8時頃に子どもらがやってきて,唄を歌い,石をついていった。一軒,一軒回っていくとのこと。
 「亥の子」という年中行事のようだが,僕は初めて見た。
 昔は女の子は参加させてもらえず,男の子だけがしていたとのことだが (だから,女房はよく知らないと言っている),今は皆参加している。男の子はこういう形で,村の共同体の一員となっていくが,女の子はそういう機会はなかったわけだ。が,女房も唄だけは覚えていて,うたってもらったのを聞くと,変な節回しだ (^o^)

【11/15】 おふだ ねんぎょく
 こちらの田舎では,年末になると,お寺さんにもっていくお志を,「お札 年玉」というようです。女房は,お歳暮みたいなものと言っています。今,集金中です。村の中で集めて,代表者(檀家総代?)が持っていくようです。
 お正月に子どもにあげる「おとしだま(年玉)」と同じ語源なのでしょうね。「ねんぎょく」とは初めて聞きました (^o^)

【11/16】 にばんいのこ
 今日は,二番亥の子。
4日から12日経って,また亥の日がやってきたからとのこと。
三番亥の子もあるのか。28日だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

郵便ポスト

 愛媛の実家のこれまでのポスト,奥行きや深さがなくて,大きな郵便物が入るといっぱいになってしまう。しかし,門柱兼用のへいに埋め込み式になっているので,簡単には取り替えができない。

 外壁や防水塗装などを頼んでいたリフォーム会社「クリア」さん(松山市)に尋ねたところ,カタログを持ってきてくれたので,検討してみた。が,比較的容量の小さなポストしかない。しかも,数万円かかる。値段はともかくとしても,なるべく容量の大きいポストが欲しいというわけで,いくつかのホームセンターを見て回ったり,ネットを検索した。そして,ポールとポストで,それぞれ良さそうなものを見つけた。

●サントミ スタンドポール ステンレス製 SP-JWP(2本型) …この支柱を使いたい。高さは123センチ。写真はネットショップのもの。商品は,ポールのみ。
Livingut_4973390129230
● グリーンライフ 家庭用郵便ポスト (18-8ステンレス) PH-60UD…前入れ,後出し。

・A4封筒が入る大型ポスト。
・サイズ /(約)幅37.0×奥行き21.3×高さ35.3cm

        Image1_2

 ポールは,“どこでもポスト”という感じでブロックを利用して立てる。穴を掘ったりしなくても良い(アンカー打ち込みで固定することが可能。高さ調整のアジャスター付き。優れものだ)。ただし,ポールとポストでメーカーが異なるので,ちゃんと合体できるかどうかが最大の問題。

 悩んでいても解決しないので,取り寄せて組み立ててみたら,ねじ穴はぴったり合って,うまく結合できた。ポールとポストの取り付け位置もかなり自由に変更できる。ポールは,ポストの底面に取り付けることも,背面に取り付けることもできる。ポールの間隔も一定の範囲で変更できる。この記事を検索する人がいれば,役に立つ情報だろう。

 新しいポストを玄関フェンスの内側に外向きに置いて,新聞や郵便は道の側から入れてもらい,中身は内側から取り出せる。費用も,各1万円弱で,合計2万円を下回った。母より,何とかならないかと頼まれていた懸案が,また一つ解決した。入院中の母の看護(をする女房の専属運転手)で愛媛に来ているのだが,家の管理をしているわけだな。

(完成状態。↓家の内側から見たところ)

Simg_7436_5    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧