カテゴリー「ユニオン度」の記事

2008年3月20日 (木)

出版労働者ユニオン度チェック

出版労働者ユニオン度チェック Ver.3(100点満点版)は,
ユニオン京都のWeb
   ↓
http://www.syuppan.net/kyoto/index.htm
→「出版ユニオン京都」→「いろいろ報告など」の中に置いてあります。

ユニオンSNS「なかまネット」では,採点を書き込んでいけるように,コミュニティの中に置いてあります。アクセスできる人は,そちらから見て,採点結果の報告もお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

あなたの「ユニオン度チェック」Ver.2

 先のVer.1に,(5)と(6)の2項目を追加して,合計12項目,60点満点です。これで一応,完成版ということにします。

[チェックのし方]
 たとえば,以下の各選択肢で,①は1点,②は2点,③は3点などとします。

 したがって,性別では「⑤女性」としていますので,女性であるというだけで,得点は5点にもなります。しかし,男性は1点しかありません\(^o^)/

 で,合計点数が高いほど,ユニオン度が高いということになります。目指せ,高得点!!!

 以下,[あなた自身について],[勤務先について],[組合(員)の様子]にわたって12項目の質問があり,ユニオン度の満点は60点です。

 さて,あなたは何点ですか。
**************************************************
[あなた自身について]

▼(1) 性 別…女というだけで無条件で高得点にしています。
① 男性……①ですから,1点です。
⑤ 女性……⑤ですから,5点です。

▼(2) 年 齢…年齢が高いと,どうしても家父長的な要素が高くなりがちなので,若いほど高得点。
① 50歳以上
② 40~49歳
③ 30~39歳
④ 20~29歳
⑤ 19歳以下

▼(3) おもな仕事内容…出版といえば,編集が中心みたいに考えられているので,そこを低得点にする。
① 出版社の編集
② 出版社の営業や総務
③ 出版社で編集,営業などいろいろ
④ 書店や取次店の仕事
⑤ 印刷や製本の仕事

▼(4) 年 収…年収が低いほど,高得点。
① 600万円以上
② 500万円台
③ 400万円台
④ 300万円台
⑤ 200万円台

▼(5) 雇用形態…中心部ほど,低得点です。
① 正社員…終身雇用が前提。高齢者継続雇用もここに含む。
② 派遣社員…一定期間,特定の職場へ。
③ 有期雇用契約の契約社員,パート,アルバイト,期間雇い
④ 派遣社員であるが,職場が日替わり
⑤ 労働契約ではなく,請負契約や業務委託契約の仕事

▼(6) 職 位…①~③は,過去にその経験がある場合を含む。
① 権限のある管理職
② 実質的な権限がない形だけの管理職
③ 係長…主事など,手当がつく職位を含む
④ 平社員…昇進の見込みがなければ,下の⑤へ
⑤ 長年,平社員…非正規の場合を含む

▼(7) 趣 味…組合活動と仕事以外にすべきことのある人は,自覚的な人生を送っていると考えられるので,高得点。
① 他の人に言うような趣味は,持っていない。
② 今はこれといってないが,これから趣味を持ちたい。
③ 趣味を持っている。
④ とくに打ち込んでいる趣味がある。
⑤ とくに打ち込んでいる趣味があり,その面では,友人から一目をおかれている。
**************************************************
[勤務先について]

▼(8) 規 模…小さな会社ほど,ユニオン度が高いと考えられる。
① 50人以上
② 30~49人
③ 10~29人
④ 5~ 9人
⑤ 4人以下

▼(9) 東販や日販などの取次店の取引口座…小さくても老舗は,口座を持っている。
① 昔から持っている
② 最近,取得した。
③ 口座を持っていないが,他社を発売元にして配本できる。
④ 出版社であるが,口座は持っていない
⑤ 出版社ではないので,関係ない。

▼(10) 主な出版物…あなたが働いている会社は,どんな本を出していますか。

 出版物によってランク付けし,差別するような面があり,問題であるという見方もできますが,現実は,ランクがあり,そこを見つめないと,下流の認識ができないし,自分の位置を自覚できない。「みんな平等」という考え方ではなくて,「下流で良い」じゃないか,という開き直りが求められているという観点の項目です。主観的に判断すればよい。……項目立てが少々,難しい(^ ^;;

① 総合的に多種多様な本を自社のブランドで出版している。いわゆる総合書出版社として分類されるところ。
②「思想や文化を伝える」本,社会科学関係,教科書(大学,小中高)などの本が中心。文化的,志の出版のイメージ。読んだ後も,取っておきたい,本棚に並べておきたい本。
③「何かの道具となる」ような本,学習参考書,趣味や実用のための本が中心。役に立つが,用が済めば,捨てられる本。
・うちがつくっている本は,鍋や釜をつくるのとどう違うのかと思っている人は,ここに当てはまる。
④ エンターテイメント,娯楽のための本。読んだらすぐに捨てられる本。
⑤ 上記以外。
・とくに専門的な分野はない。
・注文に応じて何でも請け負って本にする。
・出版社ではない。書店や取次など。
・出版もしているが,書店などが中心である。**************************************************
[組合(員)の様子]

▼(11) 組合(もしくは組合員)と会社との関係
① ユニオンショップ協定,もしくはチェックオフ協定がある。
② 労使間の団体交渉をおこない,ある程度は意思疎通ができる。
しかも,その交渉によって,要求が前進することもある。
③ 労使間の団体交渉は,機能していない。
交渉によって,要求が前進することはほとんどない。
④ 組合員であることは会社に通知しているが,
要求は提出していない。
⑤ 会社に対して非通知で,要求も出していない。

▼(12) 職場の様子
① 職場には,多くの組合員がいる。
② 職場には,組合員は少ないが,
仕事上では,差別されたりする問題はない。
③ 職場には,組合員は少なく,
仕事上で差別されていると感じることがある。
④ 職場には,自分以外には,組合員はいない。
しかし,親しい組合員の友人がいる。
⑤ 職場には,自分以外には,組合員はいない。
しかも,親しい組合員の友人はいない。
**************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

あなたの「ユニオン度チェック」

 このメモは,出版労連・出版情報関連ユニオンにおけるユニオン度の問題を検討したもので,典型的なユニオン組合員の姿を探るものです。その程度をユニオン度として設定し,ユニオン度のより高い人をより尊重し,より大切にする組合運営を目指していくことを考える材料です。

 日本社会の階層化が進んでいると言われています。実際,身近でも実感することが多いと思います。みんなが中流を意識して中流を目指していた時代が終わって,下流を自覚する層も生まれています。こういう社会で生きていくには,階層を分化させていく経済構造に異議を唱える運動が必要なことは言うまでもありませんが,一方では,

・下流を自覚して「奴らと我ら」という截然とした自覚,
・独自の誇りと文化,

がないと,飢餓感に苛まれることになりかねません。

 とくに,

・中流をモデルにした教科書,学校文化,
・テレビなどマスコミが振りまく上流,中流生活の幻想,

を拒否し,独自の価値体系を身につけ,そこを基礎にして差別や貧困と闘う運動をつくっていきたいものです。日本の生徒や学生は,学校で落ちこぼれると,精神的な打撃が大きくて,立ち直りにくいと指摘されています。

 それは,イギリスのような階層社会の国と比べた話ですが,学校文化への抵抗から始まって,職場での人生でも,経営者などにきちんと対抗できるような,基盤となる自分の位置付け,自覚を大切にしたいものです。

 そういう立場で,私たち出版情報関連ユニオンの組合員の典型的な姿を,従来とは違う形で考えてみたのが,次のシートです。まだまだ,思いつきの項目もあり,足りない項目もあると思いますので,興味をもたれた皆さんのご指摘を期待したいと考えております。

 以下のチェックシートは,出版産業を基準に考えています。そして産業の中心にいる人よりも,周辺にいる人の方が,ユニオン度の点数を高くしています。また,周辺に行けば行くほど,点数が高くなり,ユニオン度が高くなるように設定しています。

 たとえば,以下の各選択肢で,①は1点,②は2点,③は3点などとします。

 したがって,性別では「⑤女性」としていますので,女性であるというだけで,得点は5点にもなります。しかし,男性は1点しかありません\(^o^)/

 で,合計点数が高いほど,ユニオン度が高いということになります。目指せ,高得点!!!

 以下,[あなた自身について],[勤務先について],[組合(員)の様子]にわたって10項目の質問があり,ユニオン度の満点は50点です。

 さて,あなたは何点ですか。ちなみに僕は20点でしたから,ユニオン度はちょっと低めの組合員という結果になりました。残念 !!!(>_<)!!!

**************************************************
[あなた自身について]

▼(1) 性 別…女というだけで無条件で高得点にしています。
① 男性……①ですから,1点です。
⑤ 女性……⑤ですから,5点です。

▼(2) 年 齢…年齢が高いと,どうしても家父長的な要素が高くなりがちなので,若いほど高得点。
① 50歳以上
② 40~49歳
③ 30~39歳
④ 20~29歳
⑤ 19歳以下

▼(3) おもな仕事内容…出版といえば,編集が中心みたいに考えられているので,そこを低得点にする。
① 出版社の編集
② 出版社の営業や総務
③ 出版社で編集,営業などいろいろ
④ 書店や取次店の仕事
⑤ 印刷や製本の仕事

▼(4) 年 収…年収が低いほど,高得点。
① 600万円以上
② 500万円台
③ 400万円台
④ 300万円台
⑤ 200万円台

▼(5) 趣 味…組合活動と仕事以外にすべきことのある人は,自覚的な人生を送っていると考えられるので,高得点。
① 他の人に言うような趣味は,持っていない。
② 今はこれといってないが,これから趣味を持ちたい。
③ 趣味を持っている。
④ とくに打ち込んでいる趣味がある。
⑤ とくに打ち込んでいる趣味があり,その面では,友人から一目をおかれている。
**************************************************
[勤務先について]

▼(6) 規 模…小さな会社ほど,ユニオン度が高いと考えられる。
① 50人以上
② 30~49人
③ 10~29人
④ 5~ 9人
⑤ 4人以下

▼(7) 東販や日販などの取次店の取引口座……小さくても老舗は,口座を持っている。
① 昔から持っている
② 最近,取得した。
③ 口座を持っていないが,他社を発売元にして配本できる。
④ 出版社であるが,口座は持っていない
⑤ 出版社ではないので,関係ない。

▼(8) 主な出版物…あなたが働いている会社は,どんな本を出していますか。

 出版物によってランク付けし,差別するような面があり,問題であるという見方もできますが,現実は,ランクがあり,そこを見つめないと,下流の認識ができないし,自分の位置を自覚できない。「みんな平等」という考え方ではなくて,「下流で良い」じゃないか,という開き直りが求められているという観点の項目です。主観的に判断すればよい。……項目立てが少々,難しい(^ ^;;

① 総合的に多種多様な本を自社のブランドで出版している。いわゆる総合書出版社として分類されるところ。
②「思想や文化を伝える」本,社会科学関係,教科書(大学,小中高)などの本が中心。文化的,志の出版のイメージ。読んだ後も,取っておきたい,本棚に並べておきたい本。
③「何かの道具となる」ような本,学習参考書,趣味や実用のための本が中心。役に立つが,用が済めば,捨てられる本。
・うちがつくっている本は,鍋や釜をつくるのとどう違うのかと思っている人は,ここに当てはまる。
④ エンターテイメント,娯楽のための本。読んだらすぐに捨てられる本。
⑤ 上記以外。
・とくに専門的な分野はない。
・注文に応じて何でも請け負って本にする。
・出版社ではない。書店や取次など。
・出版もしているが,書店などが中心である。**************************************************
[組合(員)の様子]

▼(9) 組合(もしくは組合員)と会社との関係
① ユニオンショップ協定,もしくはチェックオフ協定がある。
② 労使間の団体交渉をおこない,ある程度は意思疎通ができる。
しかも,その交渉によって,要求が前進することもある。
③ 労使間の団体交渉は,機能していない。
交渉によって,要求が前進することはほとんどない。
④ 組合員であることは会社に通知しているが,
要求は提出していない。
⑤ 会社に対して非通知で,要求も出していない。

▼(10) 職場の様子
① 職場には,多くの組合員がいる。
② 職場には,組合員は少ないが,
仕事上では,差別されたりする問題はない。
③ 職場には,組合員は少なく,
仕事上で差別されていると感じることがある。
④ 職場には,自分以外には,組合員はいない。
しかし,親しい組合員の友人がいる。
⑤ 職場には,自分以外には,組合員はいない。
しかも,親しい組合員の友人はいない。
**************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

普通の人(ひと)度と,組合員度

 労働組合の活動を長くしている人は,えてして,独自の組合用語をたくさん身につけています。つまり,「組合員度」が高くなるわけです。そして,それが,その人の権威となったりすることがあります。

 こうした「組合員度」は,年齢とともに高くなる傾向が強いので,しばしば家父長的な権威に結びつきます。そして,「この運動は社会のためだよ」というような,パターナリズムにも陥っていきます。パターナリズムとは,直訳すれば,「父親主義」です。意味としては,一般に父親の押し付けてくる,善意であろうとも,ひどくやっかいな,いらぬお節介をあらわしています。「父権的干渉主義」「家父長的温情主義」などといった感じです。良かれと思ってやっているのに」「…のためを思って言っているのに」というような場合,パターナリズムの疑いがあります。

 労働組合で言うならば,上の立場にある組合役員が,一般組合員に対して,万人のためとか,みんなの利益になるからとして,きちんと討議もしないまま,その意志に反してでも,行動だけを強要したりするようなことです。こんな感じで,個人の自由に介入・干渉された経験はありませんか。抽象的な「万人」「社会」のためというのは,僕は好きではありません。

 家父長的なパターナリズムによる組合運動は,自分の勲章のための運動です。勲章というのは,自分の外側に付けるお飾りなんですね。わが身が安全な限り,高い「組合員度」を自慢して,労働組合の「長」(分会長,書記長,委員長などなど)を続けたりします。しかし,いったん状況が厳しくなるや,お飾りなんかは捨ててしまい,はやばやと組合を脱退して会社の昇進レールに乗っていった,元組合役員の実例は,その典型的な例でした。外側に付けるお飾りの勲章は,都合が悪くなれば,いつでもはずしてしまうことができるのです。

 いろいろな課題が「自分自身にとってどうなんだ」という位置づけがないままに,身につけた組合用語で飾りたて,「万人のため」とか「社会のため」とか,抽象的な「○○のため」などと称して,組合員に動員や号令をかけるような上からの「組合運動」を,見たり感じたことはありませんか。自分にとってどうか,そこは大切だと思います。外側のお飾りでない運動,自分の生き方でもある関わり,そうしたものがいちばん大事だと思います。

 労働組合の運動は,特別な用語を身につけないと出来ないというものでは決してありません。個人加盟ユニオンは,水平な組織にしたいものです。自分の頭で考え,自分の言葉で語ること,そして,普通の言葉をなくさず,「普通の人度」の高い言葉を大切にしたいものです。組合員の中では,なるべく同じ情報を共有し,組合員同士の水平の関係を大事にしていきたいものです。水平な関係というのは,家父長的な上下関係とは相容れません。

 経験の長い組合員は,善意でパターナリズムに陥ることもあります。お互いに率直に批判できる関係ができると,いちばん良いと思います。そういう組織がフラットだと思います。
----------------------------------
昨日(12月15日)関西プレ討論集会がありました。そこで,ちょっと思ったことです。

 中高年の組合員が多く,そこが中心的な役割を果たしていて,若手の結集に腐心している労働組合が,賃金のもぐり込みを解消していくための「格差是正」要求をおもな課題にしたり,賃貸住宅に入っている人の「家賃補助」を要求したりすることは,めずらしいことではありません。

 そういう若手向けの要求には,要求自体を獲得したいという意図ももちろんあるでしょうが,要求の中に,

①組織拡大や,若手の結集といった組織上の意図,
②多数の若手の要求は,このあたりにあるはずだと言った善意,

も,紛れ込んでいます。

 どんな要求でも,要求の背後には,別の意図もあるはずで,そういうことは,気にする必要はないということでしょうか。どうなんでしょうか。
 要求自体の意義に,どれくらい他の要素が紛れ込んでいるかという,紛れ込みの「程度」の問題なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)