« Windows 10 バージョン 1903でトラブル | トップページ | 容量市場とは »

2019年7月24日 (水)

Windows 10 バージョン 1903

【7/17】
7/6にWindows 10 バージョン 1903 の機能更新プログラムをインストールしてから,PCが不調になった。突然ブルー画面→要再起動になる。その後,再起動ができずに,ビープ音が鳴って止まってしまう事態が発生。ビープ音は長音5回。AMI-BIOSにはない。ネットで調べてみたら,UEFI警告音の長音×5が,グラフィックボードのエラーとのこと。「グラフィックボードが接続されていないか、接点不良が考えられます。何回か接続し直すと直るかもしれません」とのことで,ビデオカードを差し直して,起動するようになり,直りました\(^o^)/

【7/22】
ところがその後,やはり,突然ブルー画面が出てきて,再起動がかかる事態が発生。しかも,今度は再起動の際にビープ音が鳴る前段で止まってしまった。ごく最初の方のハードウェアの初期化に失敗している模様。これは手の打ちようがないかと,頭の中は真っ白。マザーボード(ASRockのZ68 Extreme4 Gen3。だいぶ古いね(>_<)上の「Dr.Debug」(初期化のチェックをして問題個所を数字で表示してくれる)で示される数字の意味を,別のノートパソコンでネットで調べてみると,「メモリーエラー」とのこと(こんな大事なことはマザーボードの紙のマニュアルに印刷して載せて欲しい)。

そこで4枚のメモリーモジュールを差し直したり,1枚にしてみたり,2枚のデュアルチャネルにしてみたりすると,起動する場合と,起動しない場合があって,いよいよ混乱。

そのとき,ふと,メモリのサイズを見ると,4枚のうち,1枚だけが8GB,3枚が4GBという変なことになっていることに気がついた。確か,最初,4GB×2で組立て,その後,4GB×2を追加したはずなのに,恐らく,追加したうちの1枚が8GBだったとしか,考えられない。マザーボードのマニュアルでも,4枚でデュアルチャネル構成にするには,すべてのメモリを同じにしないといけないと書いてある--これは,よく知られたこと。

そうなのか,Windowsの機能更新にともなって,メモリチェックが厳しくなったのかもしれない。そこで,まず4GB1枚のメモリで起動して成功したが,何かすると,「メモリが足りません」と表示される。やはりメモリ不足か。次に4GB×2をデュアルチャネルにして,あと,8GBを1枚だけ指して(4つのメモリスロットのうち,1つは空きにして),合計16GBの構成にしてみた。

それで,やっと正常にうごくようになり,今日に至る………まだ,冷や汗の感覚が残っているが。デュアルチャネルの問題だったかもしれないし,外している1枚のメモリが不良だったのかもしれない。メモリチェックをすれば,分かるかもしれないが,不具合が起きないなら,もう,ケースは空けたくない気分(^o^)

 

|

« Windows 10 バージョン 1903でトラブル | トップページ | 容量市場とは »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows 10 バージョン 1903でトラブル | トップページ | 容量市場とは »