« 『日本鉱物文化語彙攷』 | トップページ | 脱原発の闘い~現在の焦点 »

2018年8月31日 (金)

「ブルーフラッグ」の認証について

●8/18
Subject: 「ブルーフラッグ」の認証について
国際環境教育基金 FEE Japan 御中
 突然のメールで失礼いたします。
貴方の「ブルーフラッグ」について,意見をお送りしますので,ご検討ください。
 貴方は,水質,環境マネジメント,環境教育,安全とサービスについての基準を達成したビーチに対し「ブルーフラッグ」の認証を行っています。今年,福井県高浜町がそれらを達成したビーチとして,日本(アジア)で初めて認証されたとのことです。
 しかし,待ってください。33の基準の中に,原発との隣接,事故の危険性,放射能汚染の恐れなどの項目はありません。そして,原発事故はいつおこるか分かりません。高浜のビーチで遊んでいたら突如,避難が必要といったことになるかもしれないのです。認証には「半径250km以内に原発がないこと」といった基準が必要ではないでしょうか。
 大腸菌の心配はなくても,放射能の危険性があるところが認証されるなんて,納得できませんし,「ブルーフラッグ」の権威を損なうものだと思います。
●8/22
吉田 明生さま
「ブルーフラッグ」の認証についての貴重なご意見ありがとうございます。2016年に高浜町和田海水浴場が初めて認証された際も、色々なご意見をいただき、国内・国際委員会でも議題となりました。
現在のところ、和田海水浴場に合わせた新たな基準を設けることではなく、あらゆる危険性を想定した避難についての十分な準備を行っていただく事で対応していただいております。
「ブルーフラッグ」認証は環境認証でもありますが、持続可能な発展を目標としたまちづくりのためのツールであると考えております。
認証を与えないという選択肢もありますが、認証取得によって、より持続可能な町へ変わっていただける可能性を支援していきたいという所存です。
戴きましたご意見につきましては、10月に行われます国際会議および来年1月の国内審査委員会でも報告させていただきます。
ご理解のほど宜しくお願いいたします。
FEE Japan ブルーフラッグ事務局
●8/31
国際環境教育基金 FEE Japan 御中
ブルーフラッグ事務局 御中
 当方のメールについて,返信をいただき,ありがとうございました。
> 戴きましたご意見につきましては、10月に行われます国際会議および来年
> 1月の国内審査委員会でも報告させていただきます。
という点は,よろしくお願い申し上げます。ただ,当方としては納得できる回答ではありませんので,再度,メールをさしあげます。
 原発からは,事故が起こっていない平常時でも,ガスやトリチウムなどの放射性物質が大気中や海に放出されています。それらはいわゆる「基準値以下」とされていますが,原発に近い地域では,そうでないところに比べて汚染があるのは確かです。大腸菌がなくても,トリチウムが漂っているというのが,「ブルーフラッグ」にふさわしいかどうか,評価の基準を明示するよう検討されるべきだと思います。貴方はとくに厳しい環境基準を運用されているはずです。
 いったん大きな事故が起こったときには,非難しなければ被曝してしまいますが,現在の避難計画は,住民が中心で観光客はきちんと位置づけられていません。
 「ブルーフラッグ」が掲げている「美しい海を守っていく」という認定に疑念をもたれるようでは,貴方の存在意義にも関わることだと思います。添付の写真は,高浜町ではなくて,美浜町(美浜原発)や敦賀市(もんじゅ)の海水浴場の写真です。もしも,美浜町の海が貴方の現在の基準に達していれば,「ブルーフラッグ」に認定されて,写真のようなサイケデリックな光景が出現するわけです。それで良いのでしょうか。
 高浜町が持続可能な町へ発展していくことは,もちろん異議がありません。しかし,そのためには,原発から脱却することがまず第一であることを示していくことが,貴方の役割だと思います。

Mihama_2018

Monju_2018
(写真は池田豊さま撮影。2018年)

|

« 『日本鉱物文化語彙攷』 | トップページ | 脱原発の闘い~現在の焦点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/67115000

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーフラッグ」の認証について:

« 『日本鉱物文化語彙攷』 | トップページ | 脱原発の闘い~現在の焦点 »