« 「ハイパーテキスト地理B」---追加説明 | トップページ | 『日本鉱物文化語彙攷』 »

2018年5月 6日 (日)

アカウントについて

【メモ】Windows10にログインするためのアカウント(IDとパスワードのセット)には,ローカルアカウントとMicrosoftアカウントとの二つがある。これまで相談に乗ってきたことから言えること→アカウントが二種類あること自体がまず,混乱の元。そして,しつこくしつこくMicrosoftアカウントに誘導しようとする強引さが,さらに混乱に拍車をかけるわけだ。

◆ローカルアカウントとは

パソコンごとにユーザー名とパスワードを登録し,ログインするための普通の(従来からの)アカウント。

各パソコンごとに固有のアカウントのため,複数のパソコンに同じユーザー名でアカウントを作成してもパソコンの設定は同期されないので,混乱しない。
ただし,このアカウントでは,Microsoft Storeからアプリをダウンロードしたり,Microsoftが提供するオンラインサービス(One DriveやOutlook.comなど)を使用することができない。これらを使用するにはMicrosoftアカウントでサインインする必要がある(パソコンにはローカルアカウントでログインしておいて,One Driveなど使うときだけは,Microsoftアカウントを使用すれば良い)。

◆Microsoftアカウントとは

電子メールアドレスとパスワードを使用して,Microsoftが認証する特別の(新規の)(これまでにない)アカウント。

インターネット上で個人の認証を行う。Microsoftがユーザーを囲い込むために新設したアカウントで,Windows10へログインするためのアカウントにもなるほか,多少のメリットも用意されている。すなわち,Microsoft Storeから任意のアプリをダウンロードしたり,Microsoftが提供するオンラインサービス(One DriveやOutlook.comなど)を利用することができる。また,複数のパソコンに同じMicrosoftアカウントでログインすると、個人設定をオンラインで同期し,パソコンのテーマや壁紙,ブラウザーのお気に入り,アプリなどを共有できる。

◆パソコンにローカルアカウントを追加したいとき

Windows10では,とにかくMicrosoftアカウント優先が貫かれているので,ローカルアカウントを新規作成するのは,たいへんな手間がかかるように仕組まれている。以下,その手順。

ローカルアカウントの新規作成手順

(1)コントロールパネルで「アカウント」を選択
→(2)「家族とその他のユーザー」を選択
→(3)「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択
→(4)「このユーザーのサインイン情報がありません」を選択。ここの選択は相当に困難である。このあたりで挫折しやすい(>_<)
→(5)「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を選択
→(6)ようやくにして「このPC用のアカウントの作成」画面が出てくる。が,「ローカルアカウント」という言葉は最後まで出てこない。ここの画面でユーザー名とパスワードを入力して,やっとローカルアカウントが作成できるわけ。ひどい話だ。

◆ということで,Windowsのアカウントについて相談されたときは,できるだけ「Microsoftアカウント」を使わないようにした方が良いですよ,メールソフトもブラウザも,なるべくMicrosoftのものを使わないようにした方が,結局は楽ですよと忠告させていただいています(^o^)

◆設定とかで苦労したくない。全部お任せにしてユーザーである自分は楽をしたいというのでしたら
(もっともだと思います。パソコンのお世話をするのが仕事の人はほとんどいないででしょうから)
(パソコンのお世話が趣味の人は少しいるようですが o(^-^)o
Mac がいちばんですよ,と提案しています\(^o^)/
(パソコンもスマホもタブレットも全部appleでそろえることですね。素晴らしい世界をみることができるはずです (^o^)

|

« 「ハイパーテキスト地理B」---追加説明 | トップページ | 『日本鉱物文化語彙攷』 »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/66689090

この記事へのトラックバック一覧です: アカウントについて:

« 「ハイパーテキスト地理B」---追加説明 | トップページ | 『日本鉱物文化語彙攷』 »