« 2016年7月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年1月

2017年1月 4日 (水)

タンカルとシリカの覚え書き

炭酸カルシウム(CaCO3,タンカル)

(1)方解石(カルサイト)…鉱物(炭酸塩鉱物)。組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。比重2.7。モース硬度3。石灰岩の主成分鉱物で,鉱石として扱われる場合は石灰石,石材として扱われる場合は大理石とよばれる。

(2)霰石(あられいし,アラゴナイト)…化学組成は方解石と同じだが,異なる結晶構造をもつ。

(3)石灰石…鉱石。岩石である石灰岩,結晶質石灰岩(大理石)を,資源として扱うときの鉱石名または商品名。

(4)石灰岩…堆積岩。炭酸カルシウム(CaCO3,方解石または霰石)を50%以上含む堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが,不純物により着色し,灰色や茶色,黒色の石灰岩もある。

(5)大理石(マーブル)…結晶質石灰岩。方解石の細かな結晶が,再結晶して大きくなる。純粋なものは透明か白だが,不純物を含み色のついているものもあり,美しいものは大理石として珍重される。とくに無色透明でな自形結晶のものは氷州石(アイスランドスパー)とよばれる。透明度の高い方解石はアイスランドで多く産出される。

二酸化ケイ素(SiO2,シリカ)

(1)チャート…堆積岩の一種。主成分は二酸化ケイ素(SiO2,石英)で,この成分をもつ放散虫,海綿動物などの動物の殻や骨片(微化石)が海底に堆積してできた岩石(成因が長く不明であったため,和名がついていない)。断面をルーペでみると放散虫の殻が点状にみえるものもある。ひじょうに硬い岩石で,層状をなすことが多い。石英はモース硬度7。チャートには赤色,緑色,淡緑灰色,淡青灰色,灰色,黒色など様々な色のものがある。

(2)石英(クオーツ)と水晶…二酸化ケイ素 (SiO2) が結晶してできた鉱物。六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多い。中でも特に無色透明なものを水晶という。石英を成分とする砂は珪砂(けいしゃ,けいさ)とよばれ,石英を主体とした珪化物からなる鉱石は珪石という。

(3)玉髄(カルセドニー)…ひじょうに細かい石英の結晶が緻密に固まっているもの。江戸時代には火打石としても用いられた。堆積岩や,玄武岩などの火成岩内部に形成された空洞をジオード(晶洞)というが,そこにシリカを多くふくんだ熱水が入って,形成される。
・紅玉髄(カーネリアン)…全体が鮮やかな赤色のもの。オレンジ~赤茶色のものは,サードという。
・緑玉髄(クリソプレーズ)…ニッケルをふくんで緑色のもの。
・碧玉(ジャスパー)…不純物をかなりの量含んでいて不透明なもの。赤,茶,緑などの濃い色。
・血石(ブラッドストーン,血碧玉)…碧玉のうち斑点状に赤色が混じっているもの。
・瑪瑙(アゲート)…石英や蛋白石(オパール)との縞状模様のもの。縞状の玉髄の一種で,蛋白石,石英,玉髄が,ジオード中に層状に沈殿してできた,鉱物の変種。
・縞瑪瑙(オニキス)…瑪瑙のうち平行の縞模様が入ったもの。赤茶系の縞模様が入ったものは,サードオニキス(紅縞瑪瑙)ともいう。
・サンダーエッグ(雷の卵)…瑪瑙や蛋白石,碧玉が満たされた,流紋岩などのノジュール(団塊)。アメリカのオレゴン州の先住民の伝説に由来している。アメリカのオレゴン州で産出したものが有名。

(4)蛋白石(オパール)…SiO2・nH2Oで,成分中に10%ぐらいまでの水分を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ハイパーテキスト地理B』 2017年版

皆さまへ

 新年あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康とご活躍を祈念します。

 長年,地理の学習参考書を編集してきた“職業病”から,退職後は,会社勤めの時には書けなかったことも自由に書いた地理の本を自分でつくっています(電子ブックですが)。時間をみつけてはボチボチとやっていて,毎年,版を更新してきました。

 日本の地理もありますが,世界地理が中心です。海外旅行には一度も行ったことがないのですが (^ ^;;
 昔,「人の家ばかり建てて自分の家を建てられなかった大工のお父さん」が亡くなったときの感慨をうたったフォークソングがありましたが,ま,そんな感じですね (^o^)

 今は無料で配付しています。
地理に興味のある方,もしくは「地理B」で来年,大学入試,センター試験を受けようという方(現時点で,高校2年生の方…今年受験する人はさすがにもう間に合わないでしょう(^ ^;;)は,下記をどうぞ。タブレットに入れて,電車の中などで読むことができます。お知り合いへの転送歓迎です。
ということで,本年もよろしくお付き合いください。

--------------------------------------------------------------------

◆◆高校・地理Bに対応しセンター試験もOKのデジタル版学習参考書『ハイパーテキスト地理B』,最新版の2017年版(第4版)は,先ほど,下記にアップしました。

 興味のある方は,ご自由にダウンロードしてください。
(ファイル名は「HyperTextTiriB2017.epub」,サイズは,15.1MBです。)

◆◆もっとも一般的なePub形式の電子書籍です。
ご利用前に「HyperTextTiriB2017.txt」というテキストファイルをお読みください。

◆◆2017年版(第4版)への改訂

(1) 2017年版のファイルサイズは,15.1MBになり,2016年版の11.6 MBから大きく増えました。それだけ加筆しました。

(2) 追加した第一は,基礎的な知識を問うタイプのセンター試験の問題を挿入したことです。 [センター試験…基礎的な知識を問うタイプの出題] として,最近10年ほどの出題の中から全部で73問ほど取りあげて,解説しています。

(3) 第二は,本文外の補足的な説明文に,地理的な話題をたくさん書き入れました。地理の読み物になるようにと思ったものです。
 [例…順不同]
 ・デビアス社とダイヤモンド
 ・世界三大珍味
 ・ムスリムの礼拝の方向と地図の利用
 ・セミパラチンスク核実験場
 ・放射性廃棄物の地層処分…フィンランドのオンカロ
 ・地中海地方の局地風
 ・モロッコの繊維工業とファストファッション
 ・ローロー船(RO-RO船)
 ・天皇海山群
 ・紅茶とアヘンと香辛料(スパイス)
 ・チーズ…世界の有名なナチュラルチーズなど
 ・二圃式農業とその変化
 ・ゴールデン・ライス
 ・イランの石油開発とBP(ブリティッシュペトロリアム)
 ・縞状鉄鉱床
 ・シアノバクテリアとストロマトライト
 ・硬水と軟水
 ・シンガポールの水問題
 ・太陽光発電のパネルの設置
 ・ファッションとアパレル産業
 ・ファストファッション
 ・TPPとISD(ISDS)条項
 ・アンカレジと北極回り航空路の衰退
 ・日本におけるコンパクトシティの実現
 ・ピジン言語とクレオール言語
 ・ヨーロッパの「おはよう」
 ・言語体系と表記の文字体系
 ・世界の言語と文字
 ・モルモン教
 ・ラングドック・ルシヨンのリゾート開発
 ・ロマンティック街道
 ・ピレネー山脈の国境
 ・九段線
 ・被ばく労働と外国人労働者
 ・パソコンの生産
 ・ディエゴガルシア島
 ・トリノの自動車工業
 ・バッファロー文化
 ・エコツーリズム発祥の国コスタリカ
 ・グァンタナモ

(4) 世界と日本の新しい動きへの対応,記述の見直しも行いました。

--------------------------------------------------------------------

◆◆2016年版にひき続き,2017年版もVectorにも登録したところですが,年末年始休業のため,公開は1月5日すぎになるようです。

--------------------------------------------------------------------

◆◆【↓ダウンロードアドレス↓】
http://pub.idisk-just.com/…/plzS6_ACKcej0tYeNqC0dIo7HU6Ezs_…
※セキュリティのため上記アドレス(URL)は、他の人から
 類推できないように暗号化されています。

※上記アドレス(URL)をクリックしても正しく表示されない場合
 メールソフトによっては送信時にアドレスの途中で改行され、
 クリックしても内容が正しく表示されない場合があります。
 その場合は、改行の前後にあるアドレスの文字をそれぞれコピーし、ブラウザのアドレスを指定する欄に貼り付けて、つなげてお使いください。

--------------------------------------------------------------------
大飯原発差止訴訟,京都脱原発原告団
  ・吉田 明生(原告団事務局長)
◆京都脱原発原告団 Web → http://nonukes-kyoto.net/
  ・第五次原告募集中→http://nonukes-kyoto.net/?p=1208
◆京都原発裁判支援ネット → https://houteisien.wordpress.com/
  ・裁判のスケジュール  → https://houteisien.wordpress.com/schedule/
  ・京都の原発関係の運動 → https://houteisien.wordpress.com/kyoto/
◆電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都
  ・関電あて署名運動 → https://syomeiweb.wordpress.com/
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2017年4月 »