« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月24日 (金)

MFC-J5620CDWで「郵便払込取扱票」を印刷

ブラザーbrother プリンター A3 インクジェット複合機
PRIVIO MFC-J5620CDWで「郵便払込取扱票」を印刷するには
【印刷不可】
ユーザー定義で用紙サイズの設定をする。
名称は「郵便払込取扱票サイズ」など。
サイズは,180ミリ,114ミリ。
しかし,それで給紙方法を選択すると,
多目的トレイでも,トレイ1でも印刷できない旨の表示が出て,印刷できない。
【コールセンターからの返事】
> 多目的トレイおよびトレイ1では残念ながら印刷ができないようになっております。
> お手数ですが、手差しトレイにセットして頂いて印刷をいただけますようお願い申し上げます。
> 手差しトレイは1枚ずつのセットとなってしまいますので、
> ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
【解決策その後】
1枚ずつ手差しトレイに入れるというのは,郵便払込取扱票の場合,
手間がかかりすぎて現実的ではない。
給紙方法を自動選択にすると,多目的トレイから印刷できる。
なお,プリンタ本体で用紙サイズの選択をさせる画面が出てくるが,
そこには,パソコンの方で設定した「郵便払込取扱票サイズ」は出てこないので,選択できない。
それでA4のままにしていて,問題ない。
【エクセルから印刷】
ネットなどからフリーの「郵便払込取扱票」設定エクセルファイルをダウンロードして使用。
たまたまDLしたファイルでは,キャノンのプリンタの場合,そのままで印刷できたが,
ブラザーのプリンタでは,印刷範囲の設定で左右をゼロに設定し直した。
【フリーソフトのAprintから印刷】
加入者名や,通信欄の文字の大きさを指定できない(自動設定)ので,
文字が大きすぎたり,小さすぎたりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »