« ソラマメの発芽 | トップページ | 高浜原発再稼働と市民運動 »

2016年3月 7日 (月)

ポリマスター社製PM1703MO-1

昨年末に大枚をはたいて (^ ^;;
線量計を買ったのだが,そのデータをPCに移すのがうまく行かず,そのままになっていたのを,時間のあるこの機会に改めて挑戦した。
苦労したが,ようやくうまくできた(^o^)

線量計とPCの接続は赤外線通信によるので,まずPCのUSBポートにさす赤外線アダプタを amazon で購入。最初に Win7マシンで赤外線アダプタのドライバをインストール。次に線量計との通信ソフト(製品付属)をインストールするも,うまく動かない。通信ソフトの新しいバージョンをDLして試してみたが,やはりダメ。

よく読んでみると,通信ソフトは32bitのOS対応。ネットで調べてみても,32bitOSでないと正常に動かないとのこと。うちのWin7は64bit。そこで,Win7にXPモードをインストールして,その仮想マシンに赤外線アダプタのドライバをインストールし,さらに通信ソフトをインストールした。が,うまく動かない。

そこで机の下にあったXPマシンとりだし,赤外線アダプタのドライバをインストールし,次に線量計との通信ソフトをインストール。いずれも三回目だから手慣れたもの。ようやく,線量計の計測履歴をPCに取り込むことができた\(^o^)/

線量計の機種は,ポリマスター社製PM1703MO-1。

http://www.polimaster.jp/products/personal_radiation_dete...
http://www.taroumaru.jp/main/pm1703mo_1
http://www.mikage.to/radiation/polimaster_pm1703mo1.html

価格は20~30万円になっているところもあるが,ネットではときどき5~6万円で出てくる。知人に教えてもらって即ゲットした--やっぱり持つべきは友(^o^)
 ↓(¥59,800)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dockcenter/n0jyc124mp.html
 ↑ここを見ると,いちばん下だが,ちゃんと
「パソコンとの接続:赤外線(IrDA)」
「ソフトウェア:Windows 32 bit対応」と書いてある。

 Win7は64bit版でも32bitソフトはちゃんと動く,というのが常識だったが,例外もあるというわけだ。ましてやXPモードでも動かないというのは,ソフトの出来がよほど悪いのかも(>_<)

|

« ソラマメの発芽 | トップページ | 高浜原発再稼働と市民運動 »

地震と原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/63310757

この記事へのトラックバック一覧です: ポリマスター社製PM1703MO-1:

« ソラマメの発芽 | トップページ | 高浜原発再稼働と市民運動 »