« 2014年5月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

ハイパーテキスト地理B 第2版への追加

ハイパーテキスト地理B 第2版への追加事項,3点。

 
■(1)■中国,「南水北調」
 
長江流域の豊富な水を,慢性的な水不足に悩む華北に送る巨大事業。長江支流のハン川(漢水)とペキン,テンチンを結ぶ中央ルートのほか,チャンス-(江蘇)省の長江下流とテンチンなどをつなぐ東ルートがある。中央ルートは,2014年から送水を開始,ペキン市の飲料水などに利用される。東ルートは,2013年から送水が始まっている。なお,調査段階の西ルートも計画されている。1950年代に構想され,半世紀以上を経て完成しつつあるが,華北の大都市の巨大化(水需要の増大)に追いつくことはできていない上,長江流域での水量減少,生態系への影響が懸念されている。
 
■(2)■カタルーニャ
 
・広範な自治権を獲得している。近年,外国資本の工場進出にともない経済が発展,それにつれて独立派が勢力をのばしている。自治州政府は,2014年に独立の是非を問う住民投票を実施することにしたが,中央政府の訴えをうけた憲法裁判所は差し止めを命令し,中央政府は憲法違反を理由に住民投票を阻止する構えをとった。 ・自治州政府は「民意調査」と位置づけて,住民投票を強行実施しようとしたが,憲法裁判所は民意調査も差し止めの判決を出した。そのため,自治州政府は正式な住民投票や民意調査投票を断念,実際に行われた投票はデモンストレーションの意味合いが強かった。
 
■(3)■スコットランド
 
2014年にはスコットランドの独立の是非を問う住民投票が実施されたが,反対票が55%を占め,独立は否決された。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

年末のPC大掃除

昨日から年末のPC大掃除で大忙し (^o^)
 
 僕のPCは、Cドライブがシステム、Dドライブがデータ、Eドライブはデータバックアップ用で、ここまでが内蔵。F、GドライブはUSB外付けで、愛媛帰省時にデータ持ち運び用。安全上、すべて別のHDDにしてある。
 
(1) まずはデータファイルの整理。データを入れたDドライブ(413GB)で、My~Docフォルダ(9GB近く)の中をず~っと見ていく。
 
・My~Docフォルダの中は、①Job、②Memo、③NoNukes、④PC、⑤Unionの五つの中フォルダに分かれているが、そのときどきであちこちに行っているファイルを移動、整理。フォルダをつくり直したりする。とりわけ、パワーポイントはごく最近扱うようになったので、データファイルがこんな場所にあったのか、など混乱している。
 
(2) データ整理が済んだDドライブ全体の同期バックアップをとる。
 →フリーソフトのBunBackupを利用し、Eドライブへ保存。
 →さらに念のため、NASのXドライブへも保存。
 →愛媛帰省時のデータ持ち運び用に、FドライブとGドライブへも保存。
 →BunBackupで設定しておけば、以上が一クリックで自動的に同期バックアップできる。
 
(3) システムが入ったCドライブ全体のバックアップをとる。これはNASに保存。
 →コントールパネル→バックアップと復元。
 
(4) 復元ポイントを作成する。
 →コンピューターのプロパティ→システムの保護。
 
(5) バックアップソフトが使えず、専用ソフトを起動したり、画面上の指示により
 自分で元データを保存するものが四つある。
 いずれもデータ保存先は、初期値ではCドライブになってしまうが、
 データドライブのDドライブのしかるべき場所に設定し直す。
 
 ケータイ電話の全データ(アドレス、電話番号など)
 PCで、Docomo datalinkを起動→ケータイとPCを専用USBケーブルでつなぐ。
 暗証番号とか認証番号を入れると、データがPCに転送され保存される。
 
 ATOKバックアップ
 1)ATOKバックアップツール→ユーザ辞書などが保存される。
 2)ATOK Sync で学習・登録の同期…これはクラウドに登録するもの。
 
 NiftyのBlog、ココログの記事の書き出し。
 ブログ→そのほかの操作→ブログの管理→書き出し
 →リンクを右クリックして「対象をファイルに保存」
 きれいなテキストの形にはならないが、内容はわかる。
 
 Facebookのエクスポート(バックアップ)
設定→一般アカウント設定→データをダウンロードをクリック。
しばらくすると、準備ができたというお知らせがあり、
パスワードを再入力して、zipファイルをダウンロードできる。
やはり、きれいなテキストの形にはならないが、ある程度の内容はわかる。
昨年までは文字化けファイルが多くて使い物にならなかったが、
今年のダウンロードではそういうファイルはなくなっている。
 
これで12月30日もお終い (^o^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

マルウェア、アドウェア、駆除

■スパイウェアアラート
■システム上でスパイウェアを検出しました、って、……お前がスパイだ!
 (マルウェア、アドウェアとは何か、わからない場合は、→「マルウェア」の検索文字で Webを検索。)
 (マルウェア、アドウェアが導入された場合、表示される画面の例は、→「マルウェア」で 画像を検索。

 マルウェア (悪意のあるソフトウエア) の一種で、不正なアドウェア (ユーザの画面に強制的に広告を表示させるソフトウエア) が、Windows7にインストールされてしまった !!!(>_<)!!!

 忙しくて時間のないときに限って、こんなことになる。あれこれ焦ってやっていると、一つ一つ、丁寧に見ることなくやっつけてしまうので、必然的に、忙しいときにトラブルは発生するわけだ。

 PCにアドウェアがインストールされてしまった場合、インターネットを見ていると、ブラウザが勝手に警告画面や広告サイトを開いてしまう。うるさいし、気持ちも悪い。そして、削除するのが難しい。削除されないように、あちこちに隠れて姿を出さないようにしているわけだ。

 フリーソフトのインストールに伴って、ついつい「Yes」「Yes」とクリックしていると、いつの間にやら、自分のPCに余分なマルウェアまでインストールされてしまうようだ。

Spy

(1)上の絵のような「スパイウェアアラート」などの警告画面が開く。
 ここが表示される→ http://s.rev2pub.com/……
 促されてクリックなどしてしまうと、その後、さらに面倒なことになりそう。
 【重要】 決してクリックしない。
 
 ★「Spybot - Search & Destory」で駆除した。

(2)「TuneupPro」「DriverUpdate」などの広告画面が開く。
 ここが表示される→ http://www.tuneuppro.com/……
 ここが表示される→ http://www.driverupdate.net/……

 ★「AdwCleaner」で駆除した。

 (上記アドレスにはアクセスしないで。)
 (検索のための利便性で書いているだけ。)

(3)その他にも、対策ソフトがあるようだ。

 ★ Ad-Aware
 ★ IObit Uninstaller

 ただし、上記対策ソフトも、ダウンロード先をよく検討しないと、新しいマルウェアを追加してしまうことになりかねない。Softnic (ソフトニック) は僕も以前から怪しいと思っていたが、そのほかにも要警戒のサイトは多い。窓の杜とか、Vectorあたりが無難。また、ネットによると、アドウェアも進化していて、対策ソフトが効かなくなってしまったという報告もある。対策ソフトも、使い方をよく調べてから実行しなければならない。

●参考サイト↓
http://matome.naver.jp/odai/2138879734745823101
http://d.hatena.ne.jp/TipsMemo+computer-technology/201408...

●何が問題かわかったら、システムの復元で、それ以前の復元ポイントに戻ってしまうというのも、対策になる。フリーソフトのインストール前には、復元ポイントをつくっておくくらいの警戒が必要な世の中になっていることを痛感した。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/create-a-rest...

●以上の内容は、今年8月くらいに発生。そして、駆除。しばらく様子を見て、駆除を確認したものです。お困りの方の参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DisplayPortの不具合--640×480に固定

 DisplayPortは、同じデジタルのビデオ接続でも、DVIに比べ、あまり使われていないようです。
 
Dp_3
 
 パソコンのディスプレイ(DELL、U2412M)ですが、1年以上ずっと順調に使っていたのに、あるとき、突然、解像度が640×480に固定されてしまいました。変更しようとしても640×480に固定されてしまい、変更できません。ふだんは1920×1200で使っているのですから、640×480では、画面を延々とスクロールしないと、目的のボタンに達することができなくて、クリックもできないのです。
 
 デバイスマネージャからみると、ディスプレイの製品名が表示されておらず、汎用のディスプレイと表示されていました。
 
 とりあえずDVI接続やアナログ接続にしてみると、正常に表示されました。PC本体やビデオカードの問題でないと分かりましたので、ケーブルか、ディスプレイのDPコネクタのあたりに不具合があると思われました。
 そのときのDPケーブルは安いノーブランドものを使っていたので、映像の信号が安定して伝送できず、強制的に最低解像度に設定されたのかもしれません。
 新しい、ちょっと高価な(ブランド名の付いている)DPケーブルを買って差し替えたら、直りました\(^o^)/  ネットではDP接続の不具合がいくつか検索できますが、ケーブル以外の要因のように思われる記事もあります。
 
 それにしてもケーブルも、ピンからキリまで。EIZOなら間違いないかもしれないが、2倍ではちょっと考えてしまいます。画像はamazonより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2015年2月 »