« ハイパ地B--表紙案 | トップページ | ハイパ地B--抜き書き(11) 原発 »

2013年10月12日 (土)

ハイパ地B--抜き書き(10) 時差

 電子書籍版の『高校 ハイパーテキスト 地理B』(ハイパ地B)からの抜き書きです。地理の内容の中で,ちょっとややこしいのが,時差の話。でも,国際化の時代,時差が分からないと,時差ボケどころか,国際ボケになってしまいます。

 本書では,
------------------
3節 時差 ←節を立てました。
(1) 時差のしくみ
 ①時差のうまれる理由
 ②本初子午線
 ③本初子午線の東
 ④本初子午線の西
 
(2) 日付変更線
 ①日付変更線とは
 ②世界一周で日付のずれ
 ③日付変更線の設定
 
 

このあたりまでは,よくある解説をしています。
以下は,この本の詳しい解説と,独自解説です。
「……」は伏せ字(^o^),実際に本を読んでいただいてからのお楽しみです。

 ④飛行機で日付変更線をこえる ←詳しい解説
 ・日付変更をこえるときの日付の操作の原則
  1)日付変更線を東(西半球)から西(東半球)にまたぐ場合は,……
   2)日付変更線を西(東半球)から東(西半球)にまたぐ場合は,……
 ⑤日付変更線をまたぐ ←詳しい解説
 ・かりに日付変更線をまたいで立っていると仮定すると
  (船の甲板上で北極の方向を向いて日付変更線をまたいでいると仮定し),
   →左足は……
   →右足は……
 ⑥日付変更線をこえる ←詳しい解説
 ・かりに日付変更線をまたいで立っていると仮定して
  (船の甲板上で北極の方向を向いて日付変更線をまたいでいると仮定して),
   →左足を右足の方に移したら……
   →右足を左足の方に移したら……

さらに解説が続きます。
これまで曖昧に済ませてきたところが,明確になります。

日付を変えるタイミング ←さらに特別に詳しい解説
・日付変更線をこえてすぐに日付を変更する場合……
・一日の終わりで日付を変更する場合……しかし,日常生活では,一日の終わりは深夜の24時であり,それは即ち翌日の始まりの0時になっている。一日の途中で,たとえば,14時(午後2時)に日付変更線をこえたからといって,その場ですぐに日付が変わるのは,なじみにくい。14時に日付が変わると,1日が14時間で終わってしまい,次の日は残りの10時間しかないということになる。
 そこで,日付変更線をこえても,その日の24時までは日付を変えないでおいて,………… ←これまでの地理の本では,まったく書いてない内容です。
・日付変更線を西から東にこえた場合の調整法。……つまり,同じ日付を二回繰り返す。……これまでよくある説明の「日付を1日マイナスする」とは,少し違っているね。
・日付変更線を東から西にこえた場合の調整法。……つまり,1日飛ばした日を翌日とする。。……これまでよくある説明の「日付を1日プラスする」とは,少し違っているね。
------------------
「……」ばかりですみません m(_ _)m
本ができましたら,ぜひご購入いただき,このあたりを読んでみてください。
よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

時差の計算例題」が付いています。
フライト時間の例題」もあります。

|

« ハイパ地B--表紙案 | トップページ | ハイパ地B--抜き書き(11) 原発 »

ハイパーテキスト地理B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイパ地B--抜き書き(10) 時差:

« ハイパ地B--表紙案 | トップページ | ハイパ地B--抜き書き(11) 原発 »