« いよっこらと輝一 | トップページ | 「ハイパーテキスト地理B」のファイル形式 »

2013年8月26日 (月)

デジタル版の学習参考書

 今,デジタル版の「高校地理B」の学習参考書をつくっていて,時間がかかっている。ま,誰にも指図されずに,僕が自由に書いて,最後の本として生涯の記念にするつもり\(^O^)/……昔,同じ職場の編集部の先輩Sさんが退職して,好きなように自分の国語の学参を書いたのと,意図は同じ。学習参考書の編集者というのは,自分の思いを入れた本を作ったことがないから(^ ^;;,領土問題,原発も書きたいように書きたい。

 書名は,デジタル版「高校ハイパーテキスト地理B」…本文中のハイパーリンクが,紙の本にない使い勝手,勉強のしやすさを実現している,というのが,売りかな。索引や目次が生きているという感じだ。2013年からの高校新指導要領に対応。センター試験対応の内容。一太郎で編集中のA4版にすると既に400ページほど。大部になったので,これから,校正をどうしようかと思案中。普通なら紙にプリントアウトして,それを読むのだが,400枚のプリントアウトにかかる,手間と紙代とインク代と……。適当な(性能の良い)読み上げソフトがあれば,それに読み上げさせて,チェックすることができるだろう。

 文中のリンクの許可を得れば(リンクが多いのでちょっと大変),ネットで売り出すことができるかもしれないが,そういうこともできるという意味があるだけで,一人で出版社も立ち上げたSさんと同じく,売れないだろう。Sさんはその後,すぐに亡くなったので,とても残念。多くの人に読んでもらいたいだけだ。

 電子書籍は,nexus7やiPadで読めるほか,ePubビューワをインストールすれば,普通のPCでも読むことができる。確か,キンドル版にも移行できるはず--このあたりは要確認。

 とりあえずePubの形でうまく表記したり,リンクが機能するように,試行錯誤を重ねている。先ごろ,一太郎を使って,ようやく初めてePubのファイルができた。ePubファイルに書き出し中,経過をしめすウィンドウに警告がいっぱい出て,「プログラムが応答していません」などというコメントが出る。これまではここであきらめて「プログラムを終了する」を選択していたのだが,昨日は焦らず,そのままでひたすら我慢すること,6分で,出力した\(^o^)/。ただ,経過や警告などを表示したログのファイルは,その後どこに保存されたのか,消えたのか,不明。まだまだ,不完全箇所があるのは確かなようだ。

 一太郎の最新版である「玄」バージョンは,一太郎ファイルをePubやキンドルの形式に書き出すことができる。僕が買った玄バージョンは,プレミアム版ではなかったので,読み上げソフト「詠太」というのが,付属していない。読み上げソフトはちょっと魅力的,どうするか,思案中。

 現在,ePub形式の電子書籍作成フリーソフト「Sigil」 を使って,ePubファイルの内部形式や,コード(といっても単純な html や css )を覗いたりしている。
ダウンロードから使い方まで - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133683234857358901
 
 ePubビューワは,まだ,Adobeの「Digital Editions」しか使っていないが,表示の正確性で劣っていると思われる。正しい表示ができていないところが散見される---が,大きなことは言えない。僕の元ファイルの作り方の問題があるのかもしれない。他のビューワも調べてみる必要がある。

 とりあえず,これから校正だが,文字校正のほかに,インターネットへのリンク,文書内の相互リンク,ブックマークの確認,htmlやcssの書き方など,紙の本よりはるかに手間がかかるようだ !!!(>_<)!!!
 全体的には秋には完成するかな,というレベル。やってみないと分からないことが多くあり,ムダな労力がかかったりして,苦心している(T_T)

|

« いよっこらと輝一 | トップページ | 「ハイパーテキスト地理B」のファイル形式 »

ハイパーテキスト地理B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル版の学習参考書:

« いよっこらと輝一 | トップページ | 「ハイパーテキスト地理B」のファイル形式 »