« Amazonで MP3ダウンロード | トップページ | iTunesを別のHDDに移動 »

2012年5月11日 (金)

ディアクティベート(認証解除)とアクティベーション(認証)

 ライセンス認証が必要なソフトウェアを使っていて,PCの買換えなどでそのソフトを使えなくなった場合や,PCを変更する場合は,基本的に前の認証を解除してから,再度,新しい認証をうけなければならない。ただし,そのソフトウェアが,そのPCでしか使用できないライセンス契約の場合は,新しいPCでは使えないことになる。

 HDDのダウンなどで以前のPCにアクセスできなくなった場合は,事前に認証を解除しておくることができないので,それぞれ規程の手続きをとらならければならない。認証解除が必要なことを忘れていた場合も,面倒だ。

 普通はどのソフトが認証を受けたものか,なかなか覚えていない。突然のHDDダウンの後で,前の環境を修復しようとして,スムーズにいかないことも多いと思われる。

 現在のPC環境では,大量のIDとパスワードの管理,認証の管理など,たいへんな手間がかかる。何とかならないものかと思う。

(1)Windows…認証が必要だが,新しいPCでは30日以内に認証を受ければ良いようだ。今回,PCを組み立て直した場合は,M/B,CPUなど一式を新しくしたが,インターネット経由で簡単に認証された。古いPCでの認証解除は,必要ないみたいだ。

(2)MicrosoftのOffice…古いPCでアンインストールしておく。新しいPCで認証を受けるために,電話。すべて機械が応答するようだ。6桁の数字を7回,合計42桁の数字を聞きながら,メモして,入力していった。気力も必要だ(^o^)

(2)JustSystemのIDisk Backup…1台のPCでのみ使用可能。バックアップ元対象パソコンを解除して,新しいパソコンにバックアップソフトをインストールする。

(3)AppleのiPod…iTunesのデータをすべて新しいPCにコピーする。iPodの認証を解除して,新しいPCで再度,認証を受ける。5台のPC or MACまでの認証は簡単だが,それをこえるとややこしい。

(4)AdobeのCSシリーズ…アンインストール途中で認証解除の手続きをしておく。それが不可能の場合は,電話認証となるようだ。

・Acrobat も,認証が必要。

(5)イーフロンティアのMacDrive8…アンインストール途中で認証解除をしたつもりだったが,新しいPCで認証されなかった。Webサイトからサポートにメールして,認証を解除してもらう。認証が解除されていなかったようだ。ということで,認証画面に入力したのだが,それでも認証されなかった。思いついて,認証不可のものをアンインストールして,再度,インストールからやり直して認証を受けたら,無事に移行できた。

 以上,ネットで検索する場合は,ソフト名と,「認証解除」「アクティベーション」の語句などで調べられる。

|

« Amazonで MP3ダウンロード | トップページ | iTunesを別のHDDに移動 »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/54683325

この記事へのトラックバック一覧です: ディアクティベート(認証解除)とアクティベーション(認証):

« Amazonで MP3ダウンロード | トップページ | iTunesを別のHDDに移動 »