« 日本史,世界史,地理の単語登録 | トップページ | タスクバーの「いつも表示」 »

2012年3月26日 (月)

Win7を復元

 起動しなくなった愛媛のWin7(3/6付け「StartupRepairOffline」),
3/8までの間,「Disk Probe」や「TestDisk」で奮闘,しかし修復するには至らず。

・Disk Probeの使い方…手間がかかりそう。難しい。
  http://itaya.corso-b.net/TIPS/DiskProbe/index.html
・TestDiskの使い方
  http://pctrouble.lessismore.cc/software/testdisk.html

(1) 3/9~3/23は京都の家にいて,3/24,2週間ぶりに愛媛に戻ったので,さっそく作業再開。まず,FreeDosで起動CDをつくってみたが,コマンドプロンプトからコマンドを打ち込もうにも,英語キーボードでないと,なかなか入力できない。fdiskは,外部コマンドだったか,含まれていない。

 京都の家には,英語キーボードも,fdiskの入った日本語 MS-DOSのフロッピーディスクも,USB接続のフロッピードライブもあるのだが,手元にはない。フロッピーのドライブをUSBで接続できるのか,どうか。それも確かめたいのだが,断念。

・私的「DOS起動ディスク」めも(未整理)@Palm84
 …昔のことを思い出させてくれる。
  昔は楽しかった試行錯誤が,今は手間と感じるようになっているなぁ(^o^)
  http://www10.plala.or.jp/palm84/dosdisk.html

(2) これまでのHDDにはWin7起動部分がXドライブとして残っていて,それが,再インストールやシステムイメージからの復元を妨げているわけなので,新しいHDDを買ってきて,USBの外付けHDDにバックアップしてあった「システムイメージ2/27版」を復元した。

 数分から数時間かかるという警告が出てきたが,わずかの時間で完全に復元できて,無事に2/27の段階に戻ることができた。最初に再起動したときに,パスワードを問われて,ちょっと冷や汗。前のHDDは,データ用のDドライブにすることに。

・前のHDDは,今年の1月に買ったもので,ほぼ1万円。
  Seagate 7200 32MBキャッシュ SATA3 6Gb/秒対応,1TB。

・新しいHDDは,8600円ほど。タイの洪水の影響で高くなっていたのが,だいぶ下がってきた。もっと下がってもよいはずなのだが。
  Seagate Barracuda 7200 64MBキャッシュ SATA3 6Gb/秒対応,1TB。
コストパフォーマンスから言えば,2TB=ほぼ1万円の方がずっと良さそう。

 というわけで,イメージをバックアップしておくことが,いちばん簡単で手間がかからない。さまざまなデバイスの設定,アプリケーションソフトのインストールの面倒さを考えたら,これしかない。
 コントロールパネル→バックアップと復元→システムイメージの作成。

|

« 日本史,世界史,地理の単語登録 | トップページ | タスクバーの「いつも表示」 »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Win7を復元:

« 日本史,世界史,地理の単語登録 | トップページ | タスクバーの「いつも表示」 »