« docomo携帯の電話帳をバックアップ | トップページ | StartupRepairOffline »

2012年3月 1日 (木)

IDE(ATA133)ボードを追加

●Win7 Pro 64bit マシンに,IDE(ATA133)インターフェイスボードを追加。
 マザーボードは,MSI Z68A-G43 (G3)。SRTを設定している。

 最近のマザーボードは,IDEスロットがほとんどついていない。
 IDEボードを追加するにもドライバも,ほとんどがWinXPまでの対応となっている。
 古いIDEの機器を,新しいOSとマザーボードで使うのは,ちょっとたいへんだ。
 ということで,少しばかりの試行錯誤で追加できた。

(1)玄人志向 ATA133-LPPCI  アプライド松山で¥1980(2012/2)

 ・IDE:2ポート付き。チップは ITE社IT8212
 ・PCIスロットにさして起動→RAID設定画面がでて,そのあと,進行せず。
  画面の左上に,「-」が点滅するのみ。
  intelのSRTと関係しているのかもしれない。
 ・Windowsが起動しないので,ドライバのインストールができなかった。
  ITEから,新しいドライバをDLしておいたのに !!!(>_<)!!!
 ・もっとも,玄人志向のWin7対応表では,32bit/64bitともに×となっていた
  (添付CDのドライバのことかもしれないが)

(2)玄人志向 ATA133RAID-LPCIE アプライド松山で¥980(2012/2)

 ・IDE:1ポート付き。チップは Jmicron社JMB361
 ・RAID機能搭載,「シングルドライブでも使用可能」とうたっている。
 ・指定のPCI Express 2.0 x1スロットが空いていなかったので,
  (x1スロットは2つあるが,1つは USB3.0カード,あと1つは ビデオカードの陰)
  仕方がないので,使用していないx16スロットにカードをさす。
  (PCI Express なら,x16スロットx1カードをさしても大丈夫。)
                 ↑知らなかった!
 ・玄人志向のWin7対応表では,32bit/64bitともに◎。
 ・起動→RAID設定画面,しばらく表示。そのまま待つと,Windowsが起動。
 ・添付CDのドライバはインストールはできたが,
  電子署名?がないとのことで,使用不可。
  デバイスマネージャでは,「!」マークがついていた。
 ・そこで,JMicronから直接,DLすることに。ネット検索で↓
  ftp://driver.jmicron.com.tw/SATA_Controller/Windows/R1.17.63.01\Driver\amd64
  ……↑これをクリックしても,直接はリンクしていない。少しずつ,掘って行く。
  ……こんな感じでなんだか奥が深くて,どこまで探しに行ったのか,
     記憶が定かでない部分も(^ ^;;
 ・たどりついたのは,JMB36X_WinDrv_R1.17.63_WHQL.zip 。
  もう一つ紛らわしいものがあったが,ダメなら次に,試せば良いと割り切ってDL。 
 ・インストールしたら,正常になった。ようやくドライブとして正常に認識される。
  現在は,HDDを接続。DVDなどは未接続。
  Jmicron_2
 ・いちばん下がIDEボードのドライバ。インテルのSRTドライバと併存している。
 ・ドライバ名,JMB36X_WinDrv_R1.17.63_WHQL.zip の
  WHQL が,microsoftのデジタル署名を表している。
 ・ディスプレイアダプタが2つあるのは,Virtuをインストールしてみたため。
  先にUEFI(BIOS)で使用するチェックを付け,modeを指定しておく。
  その後,アンインストールした。

●その後
 ・再起動したら,Win7が立ち上がらなくなってしまった!!!(>_<)!!!
 ・BIOSはOK,Win7も起動部はOK,HDDのCドライブが認識されず,ストップ。
  ディバイスドライバの場所を要求してくるが,HDDのドライバはどこにある?
 ・システム修復ディスクで起動するも,役に立たず。
 ・Win7インストールディスクも,HDDを認識せず,修復やインストール不可。
 ・HDDをとりかえて,イメージデータで修復するか。
 ・頭を冷やすため,とりあえず,旧XPマシンでしのぐ !!!(>_<)!!!

●冷や汗その後
 ・Windowsで認識されたのは,外付けUSB(C:),BOOT(X:),CDドライブのみ。
  本来の起動ドライブ,Cドライブが認識されていない。
 ・BOOT(X:)は,33.5MBしかない,本来のC:の先頭部分だ。
  これが認識されていると言うことは,HDDが物理的に壊れたわけではない。
  BOOT(X:)は,普通ドライブレターが割り振られていないはず。
 ・その後,F8でセーフモード画面を出し,その中で,順番に試していく。
 ・そして,「以前正常に起動したやり方」を選択して,元に戻った\(^O^)/
 ・遊びすぎて,きつくしかられた感じだ。

●いろいろ教訓
 ・セーフモード等選択画面は,適宜,自動的に出てくると思っていたが,
  今回は,自分でF8キーを押して表示させないといけなかった。
  これは大きな教訓だ。
 ・外付けディスクに保存していたシステムイメージを利用しようとしたが,
  USB3に挿していたHDDは認識されなかったみたいだ。
  USB2に挿し直して,イメージファイルを選択できた。
 ・IDE機器は,IDE→USBアダプタの利用でドライバも必要なく安定するので,
  この方法がいちばん良いことが分かった。

|

« docomo携帯の電話帳をバックアップ | トップページ | StartupRepairOffline »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/54113556

この記事へのトラックバック一覧です: IDE(ATA133)ボードを追加:

« docomo携帯の電話帳をバックアップ | トップページ | StartupRepairOffline »