« iTunesのデッドリンク「!」マーク | トップページ | Win上でMac OSX10---メモ »

2011年3月 1日 (火)

Win7のバックアップとVHDファイル

(1) ドライブごとにバックアップを作成する

 コントロールパネル→バックアップと復元,を開く。
 左側の「システムイメージの作成」を開く。
  右側の「今すぐバックアップ」を使うと,指定が面倒で,使い勝手が悪い。
 (というか,お任せバックアップになり,何がどこにあるのか??)

 「システムイメージの作成」で,バックアップ対象は
 システムで予約済み,Cドライブ,Dのデータドライブの三つとする。
 すると,指定した所に,三つのVHDファイルが,作成される。
 (VHD…バーチャルHD)
 このファイルが,各ドライブのバックアップファイルだが,
 どれがどれに当たるのか,見当をつけなければならない。
 作成順に,時間がずれていくので,普通は,予約→C→Dとなる。

(2) バックアップファイルを,ドライブとしてマウントする

 管理ツール→コンピュータの管理→ディスクの管理を開き,
 操作→VHDの接続,で上のファイルを指定すれば,
 新しいドライブとして,コンピュータに接続される。
 Eドライブ,Fドライブ,Gドライブなどとなる。

(3) バックアップファイルから必要なファイルだけを選ぶ

 マウントした角ドライブから,ファイルを選ぶ。
 必要なファイルだけをコピーして,元の場所に戻せばよい。

(4) 仮想ドライブが起動しなくなったら

 フォルダやファイルの場所を移動していたら,関連が途切れることがある。
 XPモードの仮想ドライブが起動しなくなってしまった (T_T)
 特殊フォルダの,「仮想ドライブ」のアイコンが消えてしまった (T_T)

 XPを再インストール,ファイルも再インストールしなければならない。
 これは,たいへんな手間がかかるので,考えるだけで,ウンザリだ。
 このとき,(3)のようにファイルだけをコピーしてもうまくいかなかった。

 まずXPを再インストールして(これは比較的短時間で終了),
 新しくできたVHDファイル「Windows XP Mode.vhd」を,
 「org-Windows XP Mode.vhd」などとリネーム,
 バックアップ先から,古いVHDファイル「Windows XP Mode.vhd」選び
 それを,コピーする。
 (リネームしなくて上書きしても良いかもしれないが,念のため)
  すると,古い元のXP Modeが復活する。
 このとき,拡張子が「vmc」などその他のファイルはそのままにしておくこと。

 さらに,「すべてのプログラム」の中から消えてしまったいた,
 「Windows XP Mode アプリケーション」のメニューも自動的に復活する。
 最後にリネームした「org-Windows XP Mode.vhd」は,削除する。

|

« iTunesのデッドリンク「!」マーク | トップページ | Win上でMac OSX10---メモ »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Win7のバックアップとVHDファイル:

« iTunesのデッドリンク「!」マーク | トップページ | Win上でMac OSX10---メモ »