« 体験版メモ | トップページ | ダイナミックディスク »

2011年2月19日 (土)

Win7で SendTo

(1) SendToに追加

・SendToは,[送る]メニューのこと。
 ここに,新しい送り先を登録することができる。
・検索の窓に,[Shell:SendTo] と入力する。
・開いたSendToフォルダに,送りたいプログラムのショートカットをコピーして入れるだけでよい。
・メモ帳,一太郎,圧縮や解凍用のLhaplus(ラプラス)を入れておくと,とくに便利。

・フォルダの実際の所在地は,とても深い地底だ。これで良いのだろうか。
 C:\Users\ [ユーザ情報] \AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

・前にも書いたが,「すべてのプログラム」にしても,
 実際の所在地は,かなり深いところに隠してある,としか言いようがない。
 [ All Usersのすべてのプログラム ]
   C:\Users\All Users\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
  …ただし,フォルダオプションで
     ①隠しファイル(フォルダ)を表示,
     ②保護されたOSファイルを表示,
   という設定にしておかないと,このようにたどっていけない。

(2) lzhファイルの作成(圧縮)と解凍

・lzhファイルの解凍は,ダブルクリックだけでできる(Win7の標準の機能)。
・lzhファイルの作成(圧縮)はフリーソフトのLhaplus(ラプラス)や,Lhaca(ラッカ)などをインストールしておかなければならない。
・エクスプローラでファイルを表示させ,Ctrlキーを押しながら,img001.jpg,img002.jpg,img003.jpg,img004.jpg,img005.jpgとファイルを選択してから,右クリック,[送る]→[Lhaplus] とすれば,5つのファイルを圧縮して1つのlzhファイルにまとめることができる。

(3) zipファイルの作成(圧縮)と解凍

・Win7では,標準の機能として装備されている。
・ファイルを選択し,右クリック,[送る]→[圧縮 (zip形式) フォルダー] で
 zip形式に圧縮したファイルを作成することができる。
・解凍は,ダブルクリック。

|

« 体験版メモ | トップページ | ダイナミックディスク »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Win7で SendTo:

« 体験版メモ | トップページ | ダイナミックディスク »