« VHDとWindows7のバックアップ | トップページ | Windows7で地デジ »

2011年1月29日 (土)

Windows7のAeroスナップ

 Windows7で,窓を動かしているときに,突然,全画面になったり,半分画面になったりして,びっくりすることがある。どうやら,ウィンドウをデスクトップの上端にドラッグすると全画面表示,左右の端にドラッグすると画面の半分サイズに表示するようだ。でも,大きなお節介。いらぬお世話の機能だ。『Aeroスナップ』と言うらしい。

 使いなれると便利な機能と書いてあるものもあるが,Windows XPから乗り換えた僕なんぞ,とても不便というか,いきなり全画面表示になったりして,腹が立つ。窓をちょっと移動したいだけなのに,上端や左右の端に触れないように気を付けて…,ばかばかしい。

 コントロールパネルを開いて、「コンピューターの簡単操作センター」→「マウスを使いやすくします」→「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」にチェックを入れると,お節介をやめてくれます。“自動的”というのが,諸悪の根源です。

|

« VHDとWindows7のバックアップ | トップページ | Windows7で地デジ »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7のAeroスナップ:

« VHDとWindows7のバックアップ | トップページ | Windows7で地デジ »