« 深草 覚書き | トップページ | VHDとWindows7のバックアップ »

2011年1月25日 (火)

Windows FAX やっと送信

(1) モデムの準備

・USBモデムは,64bit版のドライバも付属する製品ということで,「PLANEX  FAX/DATAモデム PL-US56K」。デバイスドライバなどをインストール。
・USBデバイスサーバSX-3000GBを使って,USBモデムを共有することに。

(2) Windows7での準備

・「デバイスとプリンター」の中に,FAXができていること。
・そのアイコンを右クリック,「Windows FAXとスキャナー」の窓で,
 「新しいFAX」をクリックして,FAXを構成する。

(3) エラーが発生

・このとき,ウィンドウが毎回「応答なし」となり,アカウントウィザードエラーとなり「エラーが発生しました。操作をあとでやり直すか、管理者に問い合わせてください。」となる。
 ↓ネットで検索。全く同様のトラブルあり。
  僕と同じく,StarFAXを先にインストールしているようだ。
「Windows7 64bit でのwindows FAX で モデムが認識しない」
http://social.answers.microsoft.com/Forums/ja-JP/w7hardwareja/thread/174ca403-cfc7-45b5-a820-06c1bab50973
・その結果,
 サービスの設定で「無効」になっていると,設定ができない。
 これを「自動」とすると,モデムを認識。
・Windows FAXは,コントロールパネルのサービスで手動で設定が必要。

(4) ようやく送信

・連絡帳に電話番号を登録して,送信。最初は相手モデムが応答せず,送信トレイに残ったままになってしまう。再送信するボタンが見当たらない。
・自動的に再送信するようになっていた。二度目で,うまく送信できた。

(5) 感想

・USBモデムは,昔のように,ピーヒョロロロピーガーというような音を出さないので,何だかあっけない。かつては,どこまで進行しているのか,音で分かったが。
・これで,XPモードを起動し,一太郎と連携しているStarFAXを使わずとも,Win7から直接,FAX送信ができるようになった。
・それにしても,OSにいろいろな機能が付属してしまっていて,ソフト会社はたいへんだな。「まいと~く」は以前お世話になった。「StarFAX」も結構良い値段がするので,しょっちゅう使うのでなければ,Windows付属のFAXで済ませる場合が多くなるはずだ。

|

« 深草 覚書き | トップページ | VHDとWindows7のバックアップ »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows FAX やっと送信:

« 深草 覚書き | トップページ | VHDとWindows7のバックアップ »