« Windows7のAeroスナップ | トップページ | Windows Live と Office Web Apps »

2011年1月30日 (日)

Windows7で地デジ

 わが家のテレビは,まだ19インチブラウン管=アナログだが,パソコンの方でやっと地デジ受信環境を整えた。パソコンの窓の一つとして,テレビがうつる。パソコンの全画面にすることもでき,こうすると,まるでテレビだ。

■ 地デジのハードウェア
 地デジチューナーはBUFFALO「DT-H33/U2」。Windows7の64bit版のドライバがある。外付けでUSB接続。BSやCSは映らなくて,地デジのみだが,オークションで,メーカー再生品というB級品が半値以下で出ていたので,ゲット。シリアルナンバーがなくて,無保証だったが,ちゃんと動いている。

 グラフィックカード,ディスプレイなどでCOPPとか,HDCPなど,パソコンの性能のほうもクリアしないといけないが,新しいハードウェアなら大丈夫の可能性が高い。サウンドはアナログが必要とのことで,デジタル出力及びUSB接続スピーカーでは音が出ない。

 現在,使用中のスピーカーはIO-DATAのP2ダイポール+ウーハーという古いものだが,アナログ,デジタルの両入力があり,両方同時にも出力できる。こういうものが切り替えの面倒がなくてベストだろう。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/chideji/dt-h33_u2/

■ 地デジのソフトウェア
 ソフトは付属のPCastTV3。ただし,最初にインストールした直後は,突然のシャットダウンが頻発。1時間おきにくらいにシャットダウンするようになった。そこで,BUFFALOのホームページから新しいPCastTV3をDLして更新。最新版を使ってみると,付属CDからインストールした版とは,画面からしてだいぶ異なっている。その後は突然のシャットダウンはなくなり,安定した。

 新品の「DT-H33/U2」なら,動画編集ソフト「TMPGEnc(ティーエムペグエンク) MPEG Editor 3」がバンドルされた限定3,000台のモデルもある。このソフトだけなら,5400~6000円ほど。メーカーのダウンロード販売が5600円なので,最安5400円ならパッケージを買った方がよいかも。
 「TMPGEnc MPEG Editor 3動作確認チェックツール」があるので,このソフトが動くかどうか,事前にチェックできる。
株式会社ぺガシス:TMPGEnc MPEG Editor 3
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tme3.html

■ 録画予約
 地デジ放送は,豊富なデータ通信があるとか,番組予約が実に簡単とか,すごく便利なことが分かった。試しに録画予約をセットして,時間が過ぎて,さあ,録画されているか。サイズはどれくらいか?

 で,録画データはどこに保存されているのか,それが分からない。インストールしたときは,どこかに指定したはずだが,忘れてしまっている。さんざん探して,「番組表」を右クリックすると,設定が出てくることが分かった。「マイビデオ」に保存されることになっている。マイビデオは,普通,Cドライブのユーザーの下にあるが,僕は「マイ~」はすべてデータドライブのDドライブに移している。

 そして,そのマイビデオを見てみるが,何のファイルもない。よく調べたら,マイビデオのフォルダ指定を間違えていた。指定のフォルダがないと,録画はされないようだ。設定し直し。そして,録画してみたら,ようやくうまくいった。

■ 録画ファイルのデータ
 問題の録画容量だが,5分で500MBだった。これなら,1時間で6GBになる。10時間で60GB程度なら,たいしたことはないかな。

 そして,自動削除設定ができる。HDDの空き容量が○○GBになったら,古いものを削除するように設定するようだ。番組を保存したい場合は,DVDディスクなどに焼く。ダビング10が有効になっている。

■ 電源管理との関係
 パソコンでテレビを録画するときは,パソコンのスリープなどとの関係は,
 ちゃんと調べておかないといけない。
 それで,付属のPCastTV3について分かったこと。
 (1) 省電力状態 (スタンバイ,休止状態)からの予約録画に対応している。
 (2) 録画が終了時の電源操作 (スタンバイ,休止状態)を選ぶことができる。

■ 省電力状態のいろいろ
 (1) サスペンドスタンバイ
  作業状態をメモリに保存する。メモリだけ通電あり。
 (2) ハイバネーション休止状態
  作業状態をHDDに保存する。電源オフ。
  バッテリー寿命を延ばすことが目的。

■ Windows7の場合の省電力状態
 これまでの用語の上に,さらに新しい用語が出てきて,
 何が何だか,分からなくなってしまいそうだ。

 (1) スリープ…作業状態をメモリに保存する。メモリだけ通電あり。
 (2) ハイブリッドスリープ…作業状態をメモリとHDDに保存。メモリだけ通電あり。
  消費電力の軽減とスリープからの復帰を安全かつ高速化させるためのもの。
  この機能を使用する場合は「電源オプション」で設定する。
     Windows7で,スリープを設定すると,こちらになるのか?
     ハイブリッドスリープという項目そのものはできてこないのだが?  
 (3) 休止状態…作業状態をHDDに保存する。電源オフ。
  ハイブリッドスリープを許可すると,
  終了時の選択画面で「休止状態」は表示されない。
  【電源管理の参考】
   レッツ! Windows 7 - 電源管理編(1) (1) ハイブリッドスリープと休止状態
   http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/13/w7/index.html

■ 三つの録画予約の方法
 (1) PCastTV3の番組表からの予約。
 (2) iCommandで予約
  携帯電話などからリモート録画予約。ただし,会員登録(無料)が必要。
  次↓の「テレビ王国」と同じで,So-netの会員となる。
  So-netは,かつてSNSの閉鎖で大迷惑を被ったところなので,
  こんなところには,会員登録はしたくない。

 (3) テレビ番組表【Gガイド.テレビ王国】から予約。ゲストで利用する。
  http://tv.so-net.ne.jp/
  インターネット上の番組表(iEPG)からの予約「(iEPG」はソニーが提唱)。
  タスクバーのアイコンを右クリック→
  Webブラウザ(番組表)を開く→ブラウザに「テレビ王国」が出る。
  
  左下に「iEPG切り替え窓」があり「iEPGデジタル」を選択。
  番組ごとにあるオレンジ色の「iEPGデジタル」をクリックすると,
  PCastTV3の予約画面が出てくるので,予約する。

  番組追従機能があり。他の予約方法では,これがあるかどうか不明。
  (マニュアルでは,ページによって,あり,なしの矛盾した記載)
  予約後に番組表の時間変更されても,追従して予約を変更する機能。
    野球の実況などでは,便利かも。

|

« Windows7のAeroスナップ | トップページ | Windows Live と Office Web Apps »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7で地デジ:

« Windows7のAeroスナップ | トップページ | Windows Live と Office Web Apps »