« クラウドサービス, SkyDrive | トップページ | Microsoftの無料ソフト »

2011年1月 5日 (水)

docomoのデータのバックアップ

■ これまでは「datalink」を利用
 前のXPでは,NTTdocomoのデータリンクソフト「datalink」(無料)で
 「FOMA P902iS」のデータをPCへ転送し,バックアップしてきた。
 (FOMA USB 接続ケーブルが必要。docomoショップでポイントで買える)
 http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/foma/datalink/index.html

■ Windows7では非対応
 「datalink」は,「FOMA P902iS」という古い機種では,Win7非対応 !!!(>_<)!!!
 が,とりあえず,インストールしてみた。
 デバイスマネジャーの中を見ると,
 ユニバーサル~,モデム,ポート(Command & OBEX)の
 4種のドライバーは,自動でインストールされたみたいで,
 すべて正常となっていたが,携帯電話は認識されなかった。
 やはり,非対応。

■ Windows7のXPモードに,インストールしてみたが,
 こちらでも,携帯電話が認識されない。
 デバイスマネジャーを見ると,デバイスドライバがインストールされていない。
 XPモードの場合には,「datalink」をインストールしても,
 ドライバは自動的にインストールされる訳ではないようだ。

■そこで,ドライバを手動でインストールすることに。
 携帯電話=USBデバイスを接続して,
 →携帯購入時に付属のCDでドライバ所在フォルダを指示,
  →すると,4つのドライバがするするとインストールされた。
 その上で,「datalink」を起動,電話帳をバックアップすることができた。

■「datalink」起動時には
 (1)起動画面で,ユーザ名とパスワードを入れなければならない。
 (2)携帯電話は,通信モード
 (3)PCから携帯電話が見えたときに,
  携帯電話の方で……ここが大切だ……
  端末暗証番号,および認証パスワード【1111(固定)】を入力。
  PCの画面において入力するのかと思って,
  もたもたしていると,時間切れになってしまう。
  (4)データ保存先を確認して,終了
  何も指定しないと,マイドキュメントに保存。
  ただし,ファイル名は,年月日の数字にアカウント名をつけたもの。
  覚えておかないと,携帯のバックアップとは,分からなくなるかも。

  そこで,保存先をDocomoというフォルダとして,
  このXPのフォルダをRalSyncで,Win7のマイドキュメントのDocomoと同期させる。
  こちらのフォルダを,iDskで同期させれば,
  Win7のマイドキュメントのデータとして一元的に保存できる。

ただ「datalink」の動作は,不安定。
  とくに終了時は,うまく終了しないみたいだ。
  何回か,「エラー報告」をしているが,効果があるのかどうか。

  携帯をUSBで接続するときに,
  SX Virtual LinkSX-3000GB
  =USB機器をネットワークの中で共有するためのソフト(ハード),
  を使ってみた。その結果,動作が安定して,終了まできちんと動いた。

  SX Virtual Link(SX-3000GB)は
  XPモードで安定的にUSB機器を使うのに役立つと言える。

携快電話
「携快電話 Windows 7対応版」「携快電話19」なら,Win7対応。 
SOURCENEXT eSHOP:ソースネクスト 携快電話19 ダウンロード版 優待販売
http://www.sourcenext.com/pt/s/1101/07_keikai.html?i=mail_m
これなら,Windows7(32ビット/64ビット版)に対応している。

|

« クラウドサービス, SkyDrive | トップページ | Microsoftの無料ソフト »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: docomoのデータのバックアップ:

« クラウドサービス, SkyDrive | トップページ | Microsoftの無料ソフト »