« So-net終了でSNSは引っ越し--memo(1)--日本語が? | トップページ | So-net終了でSNSは引っ越し--memo(3)--メール投稿 »

2010年2月23日 (火)

So-net終了でSNSは引っ越し--memo(2)--amazonとレビュー

2/10 amazonとレビュー
(OpenPNE SNS)

やっぱり,というべきか,ゆっくり調べるべきだ。

(1) アソシエイト(アフィリエイト)…Webにリンクをはって,そこから買物が発生すると,Webの登録管理者が儲かるというヤツだ。

この場合は,AmazonアソシエイトIDを,SNSの管理画面の中の「SNS設定」で設定する。

AmazonアソシエイトIDは,日本のamazonのアカウントのページからたどっていくともらうことができる。ただし,さんざんあれこれと書かせられ,儲ける人相手のしつこい質問に答えさせられ(こちらは儲けるつもりはありません),そして,あげくは検証してからメールで連絡しますときたものだ。いつ送ってくるのかもわかりゃしない。結果的に3時間後くらいかな。

(2) 別に儲けるつもりなんかないので,手軽にデータを使わせて欲しいだけ(API=アプリケーション・プログラミング・インタフェースを利用したいだけ)という場合は,明らかに上の場合と違う。SNSのレビューの場合があてはまる。

調べていくと,こういう場合は,アソシエイトではなくて,Amazon Web Services を利用するのだそうだ。そして,そのAmazon Web Servicesが2009年8月15日から認証方式を変えたところから,ややこしい話になる。
 
2009年5月11日からスタートする Amazon Product Advertising API (旧称 Amazon Web Services / アマゾン アソシエイト Web サービス)は,移行期間3か月の後,8月15日から認証のための電子署名付きリクエストが必須となる。アマゾンアフィリエイトWebサービスを使っている人は,認証付きリクエストを発行できるように設定を変えないといけないというわけだ。

そして,こちらの場合は,Access Key IDと,Secret Access Keyの二つを設定しなければならない。この二つは,サーバにアップロードする設定ファイル(config.php)の中において設定する。

設定ファイル(config.php)の二百何十行目あたりには,

// 2009年8月15日以降、Amazon の仕様変更の影響により
// AMAZON_ACCESS_KEY_ID と AMAZON_SECRET_ACCESS_KEY を設定しないと、
// レビュー機能がご利用いただけなくなります

と注意書きがある。この二つのデータがないと,レビューは動かないというわけだ。しかも,この二つのデータは,日本のamazonからたどっていっても,最後はアメリカのamazonの中の英語ページに行かないと,もらうことができない。こちらの日本の住所,氏名やら書き込んで,英語は簡単なのだが,それでも四苦八苦して,やっと二つのデータを仕入れることができた。しかし,日本語サイトでアソシエイトIDをもらう場合に比べて,書き込む内容は少しでよいし,その場で直ぐに発行してくれる。

Amazon Web Services
https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/developer/account/in...

そして,レビューもうまく動くようになったというわけだ\(^O^)/

|

« So-net終了でSNSは引っ越し--memo(1)--日本語が? | トップページ | So-net終了でSNSは引っ越し--memo(3)--メール投稿 »

SNS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: So-net終了でSNSは引っ越し--memo(2)--amazonとレビュー:

« So-net終了でSNSは引っ越し--memo(1)--日本語が? | トップページ | So-net終了でSNSは引っ越し--memo(3)--メール投稿 »