« ウーマンリブ運動の伝説的指導者 | トップページ | 歯周病検診 »

2010年1月29日 (金)

愛媛のミカン

Ehimemikan_2

27~29日と駆け足で,愛媛県の連れの実家に帰省。

庭のミカンの木は,今,ちょうど実が鈴なり。僕は,柑橘類はすべてミカンと呼んでしまうのだが,地元の人はきちんと区別して,これはハッサク(八朔),これはネーブル,これは甘夏,これは夏ミカン,といって訂正してくれる。イヨカン(伊予柑)は植わってなかったが。さて,写真の柑橘類は何か,みんなミカンの僕なんかは見ても分かりません。連れに聞くと,これはハッサクだそうです (^ ^;;

|

« ウーマンリブ運動の伝説的指導者 | トップページ | 歯周病検診 »

私事私用」カテゴリの記事

コメント

昔の「大きいミカン(夏ミカン)」は,僕は砂糖をかけて食べていた記憶があります。しかし,愛媛でも今や,あの酸っぱい夏ミカンの木は,家の庭以外にはほとんど無いようです。畑では,「普通のミカン」の木も少なくなって,代わってイヨカンやキウィフルーツの木が増えています。

夏ミカンらしきもので,酸っぱくないのは,甘夏(甘い夏ミカンの略)かハッサクですが,外側を見ただけでは,区別は難しいので (お店なら名前が書いてあるので分かるのですが),まとめて「大きいミカン」と言っておきましょう (^o^)

投稿: めいせい | 2010年1月30日 (土) 23時46分

 この写真に写っている八朔は実においしそう(^_^)v
 夏みかんは木が残ってない?!そうなんですか。そういえば最近夏みかんらしきものを食べても酸っぱくない。あれはなんなんだろう?

投稿: cleanhead | 2010年1月30日 (土) 00時17分

 週の真ん中では、高速道路の割引が無く痛かったですね。逆に僕は23,24日の土、日に、山梨に行って来ましたので、大割引でした。
 
 この他にも、ポンカン、デコポン、三宝柑、グレープフルーツ、文旦等いっぱいありますが、味はそれぞれ個人の好きずき。夏みかんが懐かしいですが、これは今やほとんど木が残っていません。酸っぱさが好まれず、紀伊の国では、他の木に取って代わられました。昔は夏みかんに重曹をかけてよく食べたものです。暮れに買った新藤ののミカンはおいしかったなーー。

投稿: qqjiteki | 2010年1月29日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛のミカン:

« ウーマンリブ運動の伝説的指導者 | トップページ | 歯周病検診 »