« 埋蔵ゴミ | トップページ | 日本橋初詣 »

2010年1月 9日 (土)

2010年-京都の旗開き

Hata1

Hata2

Hata3

例年通り,祗園の天竺という中華料理の店にて。京都印刷出版ネットとして開催。昨年,評判が良かった「お名前ビンゴ」は今年も盛り上がった。

一澤帆布というかばん屋さんは有名なので,ご存じだと思いますが,お父さんが亡くなって兄弟で店の相続争いになり,裁判で勝った弟(一澤信三郎帆布)が兄の会社(一澤帆布)の経営権を握り,その従業員を解雇してしまい,現在,京都総評で争議を闘っているという報告があった。労働者はとんだとばっちりだ。

暗い室内での写真は,ぶれ,ぼけ対策で,カメラをなるべく固定します。手に持つときは脇をきちっとぐっと締めて体を壁や柱に押し付けて,とにかく動かないようにします。--それでも,ぶれ,ぼけの写真が多くなりますので,少しずつ位置を変えてたくさん撮影します。そして,フラッシュをオフにして暗いままで撮影すると良いようです。カメラ付属の小さいフラッシュでは光が届く範囲は限定されるので,かえってアンバランスになってしまうからです。あとでJTrimというソフトを使ってガンマ補正をかけて明るくします。労連本部宛には「グレースケールに転換」でモノクロ写真にしてしまい,そこでさらにガンマ補正をかけて調子を整える→コントラストを低くして,やや眠いくらいにしておくと,印刷時の仕上がりが良くなります。それで,送信したのですが,果たして結果はどうでしょうか(^ ^;;

Hata4

横断幕ですが,右の方の「京都印刷出版ネットワーク」の部分を切り取って,14日に大阪で再利用するとのこと。二回も使ってもらえたら,作者としてうれしい…おおげさ(^o^)

|

« 埋蔵ゴミ | トップページ | 日本橋初詣 »

10ユニオン」カテゴリの記事

コメント

 めいせいさん、今年もよろしくお願いします。
 同じ旗開きでも、京都のほうが品がいいですね。撮影方法のご教示ありがとうございます。私もあの本を読んでフラッシュをオフにして撮ってますが、そうするとカメラが自動修正し、まあまあになるときと、なんだか茶色っぽくなるときがあります。やはりJTrimを使うべきかなと思いつつ、使いこなせるかどうかわからず、そのまま皆さんの目を汚しておりますm(_ _)m

投稿: cleanhead | 2010年1月10日 (日) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年-京都の旗開き:

« 埋蔵ゴミ | トップページ | 日本橋初詣 »