« 労働相談実務研修会 | トップページ | 皆さん,芽が出ますように!畑日記(3) »

2009年11月26日 (木)

新しい計算

 あの会社の継続雇用に関して,ちょっと新しい計算と,職場への宣伝ポイントを思いつきました。

 あの会社の場合,定年退職になって,その後の1年間,

 (1) 継続雇用で働くと,年間の賃金は,毎月12万円に,
一時金の年2か月分(固定,標準査定)を加えて,168万円となります。
時給を計算すると,981円になります。
(2010年の年間総労働時間,1712.8時間で計算)。
しかし,この時給計算は,継続雇用になってから2年目以降には当てはまりますが,最初の年には,あてはまらない,とも考えることができます。それが,新しい計算です。

 というのは,
(2) 継続雇用に応じなかった場合,
失業手当が,150日間で100万5000円あります。

 つまり,働いていなくても,100万5000円の手当が出るのですから,
働いて得ることのできた,本当の金額は,(1)の場合と(2)の場合との差額,
67万5000円とも考えることができます。

 この金額で時給を計算すると,394円となります。あの会社で継続雇用に応じた場合,最初の1年は,時給394円で働くことになるわけです。最賃法で決まっている最低賃金,京都府は729円です。

 稲作農家の時給は200円台と言われますから,それよりはマシでしょうか。
 ただし,この394円の時給計算は,最初の1年間だけの話で,その次の年からは,時給が正味で981円となります。が,これまで30年以上働いてきた労働者に,それまでとまったく同じ仕事をさせて,まったく同じ時間だけ働かせて,ここまで時給を下げるというのは,異常としか言いようがありません。

 しかも,もう一つ,納得しにくいことが出てきます。

 いったん継続雇用に応じて,毎月12万で働いてから退職すると,失業手当はどうみても10万円には達しないでしょう。そのため,64歳までで年金が満額にならない間であっても,つねに老齢年金のほうが多くなってしまいます。ということで,年金が止まってしまうことになる失業手当を受給することにはなりません。100万5000円をもらい損ねるとまでは考えないとしても,月12万円に対応する失業手当,多めに見積もって,およそ7万円×5か月=35万円は放棄せざるをえないことになります。
 あの会社で働いてきて継続雇用に応じる場合は,長年,雇用保険の保険料を払ってきて,ご苦労様ですと,皆に言ってもらって,我慢しましょう,すべて,世のため,人のためですから,ということになってしまいます。

 どうしてこんなことになってしまうのでしょうか,原因は明白です。継続雇用の賃金が,元の賃金の30%ほどにまで低下してしまうからです。

 今後,64歳まで年金ゼロに移行していくのですから,あの会社の継続雇用制度では,現在のような低賃金はどうしても見直させる必要がありますね。

|

« 労働相談実務研修会 | トップページ | 皆さん,芽が出ますように!畑日記(3) »

09ユニオン」カテゴリの記事

コメント

 なるほどね。しかも勤めるとなると経費が必要になりますから、この差はもっと小さくなりますね。それとなにより拘束時間が長すぎますから、やりたいことができなくなります。この年になると10年はあっという間ですからせめて好きなことは、ちょっと自由にやらせてくださいと言いたいですね。それは我慢するからもっと出せって!!
 編集部あたりですと、まだ机の前で出来る仕事ですからそうでもないでしょうが、営業部はきついと思いますよ。月12万円では厳しすぎます。新卒を採るよりは、仕事も出来てしかも安上がり、位にしか考えていないのでしょう。

投稿: qqjiteki | 2009年11月26日 (木) 00時53分

 私の再雇用時の賃金は、現役時代の3分の1以下です。当然現役時代と同様の労働が要求される。
 会社の計算によるとこれに年金を加えるとまぁやっていけるだろうというわけです。
 われわれが必死に積み立ててきた(それだけではないが)厚生年金にゲタをはかせて、年金が満額出ず、少しでも収入を得たい労働者の窮状に付け込んで、会社は強搾取をむさぼるというわけだ!!!(>_<)!!!
 このうまみに目覚めた会社は私の前は年に1~2人だった再雇用を私のときは12人、いまや50人規模で再雇用している。その分若者の就職口が細ってもいるのです!!!(>_<)!!!

投稿: cleanhead | 2009年11月28日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/47784454

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい計算:

« 労働相談実務研修会 | トップページ | 皆さん,芽が出ますように!畑日記(3) »