« 地理の編集者のために ■ [5] | トップページ | 地理の編集者のために ■ [7] »

2009年11月21日 (土)

地理の編集者のために ■ [6]

--------------------------------------------
高校地理,中学地理,小学5年など
「地理」の学習参考書の編集者のために

[6] 世界地理
--------------------------------------------

(01)新しい地理情報のキャッチ

 ①新聞,雑誌などで新しい地理情報を仕入れることは,
  編集上,ひじょうに大切。

 ・首都の移動,都市名の変更などは,とくに重要。
 ・オホーツク海の流氷はどこから流れてくるか,
  といった科学情報も役に立つ。

 ②最近の国名の変更,独立
 ・旧ベルギー領コンゴ→1971年にザイール→1997年にコンゴ民主共和国。
  となりの旧フランス領コンゴは,コンゴ共和国。
 ・東ティモール…2002年,インドネシアから独立。
 ・2006年,旧セルビア・モンテネグロから,モンテネグロが独立。
 ・コソボ…セルビアに属する自治州のひとつ。2008年独立を宣言。
  2009年9月の時点で独立承認は,日本を含む62か国にとどまる。

 ③最近の首都の移動
 ・カザフスタンで1997年,アルマトイからアスタナ(旧アクモラ)へ。
 ・ミャンマーで2006年,ヤンゴンからネーピードー(ネピドー)へ。
 ・パラオで,2006年,コロールからマルキョク(マルキョク州)へ。

 ④最近の地名の変更
 ・インドのカルカッタ→コルカタ。
 ・グリーランドのチューレ→カーナーク,ゴッドホープ→ヌーク。
 ・ニュージーランドのクック山→アオラキ山,エグモント山→タラナキ山。

 ⑤新しい教科書は,部分改訂の場合でも,必ずすべて目を通して,
 ・用語などの記述の変更,新しい用語,新しい解説傾向などをチェックする。

 ・ヒンズー教よりも,ヒンドゥー教の方が多い。
 ・世界史関係では,イスラムから,イスラームへ。
 ・アメリカ
  黒人から,アフロ・アメリカン(アフリカ系アメリカ人)などへ。
  インディアンから,ネイティブ・アメリカンへ。
 ・ラテンアメリカ
  インディオから,インディヘナ(先住民の意)などへ。
 ・アフリカ
  ピグミーから,ムブティへ。
  スーダンニグロから,スーダン系ネグロイドへ。

(02)国際機関などの加盟国

 ①国連加盟国…192か国(2009.9末)。
 ・2000年,セルビア,ツバルが加盟。
 ・2002年,東ティモール,スイスが加盟。
 ・2006年,モンテネグロが加盟。192になった。
 ・おもな非加盟国…一つだけ。バチカン市国。
  192+1=193が,現在の世界の国の数といってよい。
 ・その他の非加盟国…コソボ,西サハラなど。

 ②メルコスール
 ・2006年にベネズエラが加盟して,5か国となった。
 ・中南アメリカは,かつてはアメリカ合衆国の裏庭であったが,
  現在は変化が大きい。

 ③OPEC
 ・2007年にエクアドルとアンゴラが加盟して,12か国となった。
 ・エクアドルは,2007年に再加盟。前加盟期間1973~1993年。

 ④その他
 ・ユーロの使用国は,EU加盟27か国のうち,16か国(2009年にスロバキア)。
  なお,EU非加盟の6か国でも使われている。
 ・NATOは,2009年にアルバニア,クロアチアが加盟。28か国になった。

(03)メルカトル図法とミラー図法

 ・私立中・高の入試問題でも,出題者が混同している場合があるので,
  要注意。

 ①グリーランドを見て,その北端がやや水平の横線で表示され,
  全体が逆三角形になっている地図は,ミラー図法。

 ②グリーランドを見て,北部が上に長くのびていって,
  全体に丸みがある長めのサツマイモのような形になっている地図が,
  メルカトル図法。

(04)GeoStudio (ジオスタジオ)

 ①GeoStudio (ジオスタジオ)は,
  図法,縮尺,地図の中心などを設定することによって,
 ・テーマにあう世界地図を描くことができる世界地図作成ツール。
   ・体験版あり。
   ・NijiX…地図作成ソフト, 地図素材。

 ②地図を発注するとき,体験版でつくった下書きを見せると,
  スムーズに行くことがある。
 ・体験版でつくった図には,「体験版」の文字が入ったり,
  保存できない仕様。
 ・しかし,画面を画像としてjpegファイルにすれば,原稿程度にはなる。
  (NijiXさん,すみませんm(_ _)m

 ③体験版をインストールして,実際に使ってみたい。
 ・余裕があれば,購入を! 遊べそうなソフトであることは確か。
 ・外注先のイラストレータさんに買って貰えるといいかも。

(05)等時帯の地図

 ・こんな地図はめったに変更はないだろうと思うのだが,
  けっこう変更がある。
 ・なるべく新しい地図を使いたい。

(06)国名などの漢字略称の扱い

 ①前述のとおり,解説文中で漢字を増やさないようにする方針から,
 ・地理の場合は,米,英,仏,露,印などの国名の略称は,
  なるべく使わない。
 ・その都度,それぞれきちんとアメリカ,イギリス,フランス,ロシア,
  インドなどに。
 ・北米大陸→北アメリカ大陸。

 ②国際機関も同様。
 ・欧州連合→ヨーロッパ連合。
 ・北米自由貿易協定→北アメリカ自由貿易協定。

 ③ただし,歴史的な固有名詞などの場合は除く。
 ・日米安全保障条約。

 ④くわしすぎる国名も,普通の場合は使わない。
 ・アメリカ合衆国→アメリカ。(「合衆国」だけならメキシコも該当する)
 ・ロシア連邦→ロシア。(ロシアだけ「連邦」を付ける必要はない)

 ⑤中国,韓国,北朝鮮は,別途正式名をのせてから(カッコ内などで),
  使うことにする。
 ・これらは,いちいち正式名を書いていたら煩雑。

(07)NIEsとNIES

 ①以前は「NIES」が多かったが,
 ・「BRICs」の場合は,小文字のsを使うことが多い。
 ・「BRICs」のsを大文字Sにすると,南アフリカ共和国を示すことがある。
 ・「NIEs」とするほうがバランスが取れて良いと思う。

 ②ただし,著者によっては,子どもが混乱するというので,
  従来通りの「NIES」を求められる。
 ・複数形という共通性があるので,
  小文字に統一した方が混乱は少ないと思う。

(08)温帯の三つの気候のちがいを理解するために

 ①Cs…地中海性気候。
 ・夏は「砂漠のように」なる。
  高温で乾燥し,草はかれて,野原は茶色になる。
 ・冬は雨がふるので,野原は緑色になる。
 ・このように,野原のようすは,日本(Cfa)とまったく逆になる。
 ・夏の乾燥に耐える樹木作物の栽培が特色。雨のふる冬に小麦栽培。
  →地中海式農業。
 ・家畜は,夏には,草がある高地の牧場(アルプ)に移動させる。
  →移牧。

 ②Cfa…温暖湿潤気候(温帯湿潤気候)。
 ・夏は「熱帯のように」なる。高温で雨が多く,
  野原の草は茂って,緑色になる。
 ・冬は乾燥して低温になるので,草はかれ,野原は茶色になる。
 ・野原の色が,Csとは反対になる。

 ③Cfb…西岸海洋性気候。
 ・夏でも涼しい。あまり高温にはならない。雨もそこそこ。
 ・冬もさほど低温にならない。雨もそこそこ。
 ・年間を通じて牧草が茂る。酪農がさかん。

 ④野原の色
  [夏=茶]で[冬=緑] →Cs
  [夏=緑]で[冬=茶] →Cfa
  夏も冬も緑 →Cfb

(09)永久凍土の思いこみ

 ・ツンドラ気候の地域にあるのは確かだが,冷帯にも広く分布。
  シベリアのDw気候,カナダのDf気候の地域で広い。

(10)ネーデルラントとネーデルランド

 ・Nederlandは,オランダの国名の通称。「低地の国」を意味する。
 ・オランダ語(ドイツ語系)としては,ネーデルラント。
 ・ドイツ語ならニーダーラントとなる。
 ・英語なら,ネーデルランドとなるが,こちらの使用例は少ない。
 ・なお,オランダの風車は
  偏西風のふいてくる西を向き,低地の水を運河にくみ上げていた。

(11)イタリアの地誌

 ・北部と南部の格差,産業の違いは必ず説明されるが,
 ・上のほかに,「第三のイタリア」を入れておきたい。地域,特徴など。

(12)アメリカのヒスパニック

 ・ヒスパニックは,民族的な区分。
  黒人もいれば,白人もいるし,混血もいる。
 ・アメリカの人口統計は,人種別になっているので,
  統計のグラフ中に,ヒスパニックが出てこないので,要注意。
  人種と民族に違いをふまえた解説を付けておくこと。

(13)ボルネオ島とカリマンタン島

 ・この島の名は,英語ではボルネオ,インドネシア語ではカリマンタン。
 ・インドネシアでは,カリマンタン州(四つ)をおき,カリマンタン島。
 ・マレーシア,ブルネイでは,ボルネオ島。

(14)イヌイット

 ・有名な氷の家「イグルー」は,
  ハドソン湾沿岸のイヌイットの冬の狩猟中の仮住居。
 ・アラスカなどのイヌイットの生活は,急速に近代化している。

以下,
[7] 校正について
へ続く。

|

« 地理の編集者のために ■ [5] | トップページ | 地理の編集者のために ■ [7] »

職場事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地理の編集者のために ■ [6]:

« 地理の編集者のために ■ [5] | トップページ | 地理の編集者のために ■ [7] »