« 植物園は無料 | トップページ | Quasi Copy-Right(擬似著作権) »

2009年11月 1日 (日)

畑日記--畝づくりまで

10/29午前……
 かねて見つけていた貸し農園を借りる契約を結ぶ。地主さんは諸手続をJA京都に委託している様子。契約は醍醐支店にて窓口の担当者の指示通りに,署名,押印など。代金の引き落とし用で農協の普通預金口座をつくる。農協も預金が増えるわけだ。5坪ほどで,月1800円弱。

 窓口でいったん選んだ区画を実際に見に行ってみると,日当たりがやや悪くて,長期にわたって利用者がないようだったので (やはり開墾に近い作業は遠慮したい),日当たりのずっと良い別の区画に変更してもらった。

 契約をすべてすませた後,その農地に行き,居合わせた人と話をして情報を仕入れる。僕が借りた区画は,前の人は余り利用していなかったとのこと。ある程度は耕していたが,肥料などはほとんど入れていないし,土づくりなどはしていなかったとのこと。貴重な情報だ。変な肥料は入れなかった方が,良い。あまり利用していなかったというのも,さらに良い。少しは耕してもらっていて,その上に,連作障害などがでにくいわけだから。

10/30午後……
 スコップで荒起こし。水田に山土を入れてかさ上げした土地と聞いていたが,なるほど土は粘土質で硬い。水はけは悪そう。とりあえずバーク堆肥40リットルを3袋投入。汗が噴き出る。

11/1午前……
 午後から雨の予報なので,早めにでかけて,畝づくり。1畝は幅60センチ,通路25センチで,細い棒をたて,ひもを張って目印とし,耕して整地。とりあえず5つの畝をつくった。次男を連れて行ったので,仕事ははかどった。頼りになる。一人だったら,三日はかかる作業が半日ですんだ。やはり汗が噴き出る。

この日も,5畝に対して,バーク堆肥40リットルを3袋投入,発酵鶏糞も1袋入れた。これで下ごしらえはできた。

5つの畝をつくって畝ごとに輪作していくと,5年周期になり,連作障害を免れることができる。畝A~Eとして,今後,作付けした作物名をエクセルなどに記録していく。

天気予報通り,午後から雨になった。いよいよ作付け計画をたてるときだ。秋が深まっているので,選択肢はやや少ないのが残念だが。本格的には,来春からか。

|

« 植物園は無料 | トップページ | Quasi Copy-Right(擬似著作権) »

畑日記」カテゴリの記事

コメント

 お仕事,ご苦労様です。
僕の方は,あくまで趣味ですから,気楽です。今まで,3か所の貸し農園をそれぞれ2年ほどずつ借りたことがありますから,鍬は持ってますよ。明日3日から5日まで愛媛県の方に帰省しますので,畑もお休みですが,帰ったら,ソラマメ,赤タマネギ,ナッパ類の種,苗の作業です。田舎の家に余った種があったらもらって帰ろうとか,都合の良い算段もしていますが。
車は近くに止められますから,今度,ご案内しますよ。

投稿: めいせい | 2009年11月 2日 (月) 22時32分

え!とうとう始めましたか。退職後、間髪を入れずの決行にビックリです。ほとんど鍬など持ったことがないと思いますし、土入れ、肥料入れは力仕事ですから、徐々に行ってくださいよ。5坪でも夏の草取りはかなり厳しいものです。周りに駐車場所はありますか?手伝いに行きます。私は今日は小松菜収穫の手伝いに行ってきました。小松菜はハウス栽培ですが、露地物が一部あって、急に雨模様になったので、昼食抜きで雨が降り出すまで、仕事をしてきました。

投稿: qqjiteki | 2009年11月 1日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑日記--畝づくりまで:

« 植物園は無料 | トップページ | Quasi Copy-Right(擬似著作権) »