« カウントダウン | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »

2009年10月 7日 (水)

置きみやげ

僕の後をつぐ後輩に,置きおみやげ (^ ^;; 

地理を担当する新人(この4月に入社したばかり)には,ATOKの地理辞書を,歴史を担当する新人(2年目)には,ATOKの歴史辞書を設定してあげた。単語ファイルは,僕が Vectorに登録して公開しているものだが。
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an031597.html
この単語ファイルだけでは自力ではうまく処理できないようだった(ATOKのバージョンなどの関係か。やはりちょっと難しそうだった)ので,それぞれのパソコンへ登録して,実際に変換できるようになるまで手伝った。

その二人に,僕のメールソフトのアドレス帳をエクスポートした WABファイルを送信してあげた。

地理の学習参考書を編集するポイントみたいなことを,引き継ぎ事項として整理した。10数ページになった。地理に限らない内容もあり,一般的なアドバイスもあるので,その二人のほか,課長にも渡した。
なお,もう少し整理したのち,公共の利益のためにブログにて公開の予定 (^o^)

昨日は,15年以上お付き合いのある,もっとも親しい著者の先生(地理)に,これから地理を担当する新人を引き合わせてきた。
ちょっと肩の荷が下りた感じがした。

|

« カウントダウン | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »

職場事情」カテゴリの記事

コメント

僕の後をつぐはずだった後輩,2010年3月末で退職とのこと。1年いただけか。残念…2010/3/25

投稿: meisei | 2010年3月25日 (木) 09時38分

一度,何かの企画でCDを付録に付ける案を出したことがありますが,社会科でそんなことはしたことがない(他社でしていない)と却下だったような(^ ^;; 審議する企画委員会に出させてもらっていないので,詳細は不明なんですが。あの会社の何たら企画委員会には,提案を議論して発展させるような姿勢はありませんからね。審査機関と化していますから,○か×か,決めるだけでお終い。退屈な委員が,会議中に内職や遊びにせいを出して議論の中味をまるで聞いていないなどと,さもありなんといううわさが聞こえてきています。

投稿: めいせい | 2009年10月12日 (月) 20時56分

高校の地理、歴史の先生の中には、研究誌などに専門的な文章を書いている人がいますから、このファイルは絶対必要になります。 授業で使う文章、テスト作成などでも必要です。宣伝の良い拡材になります。ただ残念ながら、かの会社にはそこに着目して、理解できて、決裁出来る人はいませんから困ります。せめて引き継ぎを終わった後輩がどう感じるか?営業部から編集部に提案したらと思いますがその営業部員も少なくなりましたね。めいせいさんに残された時間は後わずかですからこの点でも難しいですね。

投稿: qqjiteki | 2009年10月12日 (月) 14時55分

> qqjiteki さん

 単語ファイルをうまくインストールできて,良かったですね。僕が付けた解説が少し古いようで,理解しにくくなっているみたいです。ATOKのバージョンが変わると,扱いが少しずつ変化するのですが,基本は,「読み,単語,品詞」を並べたテキストファイルですから,解説はアップした当時のままにしています。

ファイルの先頭の記述ですが,

(1)登録単語を自分のユーザ辞書に統合する場合
ATOKのバージョンによって,

!!DICUT12

(2)単独の日本史辞書(nihonshi.dicなど)にする場合

!!ATOK_TANGO_TEXT_HEADER_1

ではないかと思いますが,ちょっと確信がないような (^ ^;;

VectorにアップしたATOKの単語ファイルは,参考書で索引をつくった際のデータを元にしています。あの会社の人が少しでも興味をもってくれたら,参考書の付録にしても良いでしょうし,会社のホームページからダウンロードできるようにしても良い (わかりやすい解説を作り直すのは時間内でさせていただいて) ,とは思っていましたが,そういう機会はないようです。

投稿: めいせい | 2009年10月12日 (月) 07時00分

ATOK歴史辞書がやっとインストール出来ました。
 ダウンロード、解凍、保存した後そのファイルをどう扱って良いやら難しくて。一太郎のオプション→ATOK辞書ツール→一括処理あたりまで何となくこの辺かなと思ってやってはいたんですが、結局justsystemのサポートFAQで解決しました。メモ帳の最初 !!DICUT12を15に書き換えてやりましたがこれは12のままでも良かったのでしょうか?(使用バージョンは15でしたので)
 それにしても忙しい中で、このソフトを作ったご苦労には敬服しますし、タダで使うことに申し訳ない気がしますm(_ _)m。

投稿: qqjiteki | 2009年10月11日 (日) 20時04分

> qqjiteki さん

 ATOKの単語ファイルは,ご自由に使ってください。昔のATOKは,全部の登録単語を自分のユーザ辞書に統合していたのですが,最近のATOKは,たとえば日本史辞書ファイルは,単独の辞書ファイルにしておいて,ユーザ辞書とは別に切り離したり,利用するような設定にしたり,そういうことができるようになっています。
 なので,僕のアップしている単語ファイルも,ユーザ辞書に登録するのではなくて,単独の日本史辞書(nihonshi.dicなど)にするほうが,扱いが便利だと思います。ATOKのヘルプをご覧いただくと,書いてあるはずです。

> 大阪ブコビッチさん

 仏教用語の単語ファイル,みんなのためにアップしましょう。手元にあるようでしたら,見せてくださいm(_ _)m

> cleanhead さん

 黙っていても肥料をもらえるが,種実は全部,人間に取られてしまうのが,燕麦。種籾の管理は,人間様任せです。こちらは,畑で栽培されてます。
 肥料なんかはもらえなくて生きていくだけで汲々であるかわりに,少量の種実は自分の次世代用に独自にひたむきに散布して生きているのが,烏麦。道ばたに生えている雑草ですね。
 年金が満額出るのは5年後の65歳ですから,これから5年間は (満額出てもそれだけのことだが) ほんとたいへん (みたい) ですが (^o^),今や退職の日を指折り数えて\(^o^)/

投稿: めいせい | 2009年10月 8日 (木) 20時28分

 Vectorをのぞいて見ましたが、よく分からないけどなんか凄そうということだけは解りました。一つだけ分かりました。あきおさんとおっしゃるのですね。
 いよいよ烏麦の生活が、あれ燕麦でしたっけ?

投稿: cleanhead | 2009年10月 8日 (木) 00時44分

あー仏教用語も難しかったので自分でも作った覚えが。懐かしい。
一発変換できると本当に便利ですものね。
後輩の方々も文字打つたびにめいせいさん有難うと思うでしょう。
いいお土産ですね。

投稿: 大阪ジョー | 2009年10月 7日 (水) 23時48分

 後継者に、今まで培ってきたノウハウを10数ページもの物にまとめて引き継いだことは、B堂では初めてでしょうね。

 日本史単語ファイルはフリーのようですから、勿論私の知り合いに紹介してかまいませんね。市内の仲間3人と歴史の跡を訪ねたり(先月は大宇陀町のかぎろひの丘、今月は滋賀の菅浦)、美術館巡りなどをしていますが、その内の一人が、元小学校の先生でZ進堂の参考書を書いたりしていました。その人はPCにはイマイチですので設定が出来るかどうかわかりませんが、その時は私の方から質問しますのでヨロシクおねがいします。

投稿: qqjiteki | 2009年10月 7日 (水) 22時15分

追加。専門の辞書があると,仕事の能率が倍増です。
ほんの一例ですが。

日本史
  あおそざ→青苧座
  あきないばちぎょうせい→商場知行制
  あべのみぬし→阿倍御主人
  あてがわのしょう→阿[て=「低」の人偏のない字]川荘
地理
  あせあん→東南アジア諸国連合
  あせあん→ASEAN
  あせあん→アセアン
  などと,選択できるようになります。

投稿: めいせい | 2009年10月 7日 (水) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 置きみやげ:

« カウントダウン | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »