« 定期大会に招待されまして | トップページ | 関西合同支部ミーティング »

2009年9月 1日 (火)

カタカナが分かりません

今朝の朝刊。政権交代について,学者の解説記事を読んでいたら,これは何?というカタカナに二つも出あって,カチンときた (^ ^;;

いわく 「市民によるアジェンダ形成」,
いわく 「他者への憎悪やルサンチマンに傾斜」。

息子の電子辞書は,カタカナを入力すると,つづりと意味が出てくるので,夕食のときに調べてもらったが (^ ^;;
新聞を読むのに,辞書がいるのか !!!(>_<)!!!

しかし,このカタカナが分からないのは,僕の責任じゃない。
著者と編集者の頭がどうかしているだけだ。

|

« 定期大会に招待されまして | トップページ | 関西合同支部ミーティング »

私事私用」カテゴリの記事

コメント

もう一つ課題を

ILOが「ディーセントワーク」を提唱しており、私も好きな言葉として愛用しているのですが、「ディーセント」を和語にするのは難しくてできないのです。名訳ありますか。

投稿: ピクシー | 2009年9月 3日 (木) 12時09分

ルサンチマン,

前に↓こう書いたが,***************

強者に対して,有効に対抗的な行動をなしえない弱者の憤りや怨恨,憎悪,非難の感情というならば,強者=B堂のM会長,弱者=労働組合員となりそうだが (^o^)

これ↑は,完全に間違った理解だな****

強者に対して行動をなしえないまま,奴隷になっていく状態だとすれば,これは,組合員でないところにこそ存在しているようだ。組合に加入していない人がすべてそうだと言えないことは明らかだが,中には奴隷もいたような。微妙だな。もう少し,考えてみよう。参考図書も欲しいところだな。

投稿: めいせい | 2009年9月 3日 (木) 07時11分

 脱線ついでに、河出の世界文学全集の中の『精霊たちの家』の著者アジェンデは、大統領の姪とのこと。
 電子辞書の広辞苑を見たら、ルサンチマンは奴隷道徳の源泉とされ、⇒君主道徳とある。「賃金奴隷」であるわれわれの道徳の源泉か?
 いずれにせよルサンチマンで終わってはだめだが、ルサンチマンが無ければ始まらないということにしておこう(^_^)

投稿: cleanhead | 2009年9月 2日 (水) 22時39分

乱入失礼。しってるくせにい~ le sentiment。サルトル世代でしょう。

…失礼しました。ちらとでてきた電子辞書。さて。

話をそらすのが悪い癖で、それでなんとか生きながらえておるようなものなのでご勘弁ください。ちなみに○経出版は今日から応募者取捨選択してるはずなので、やっぱり出版諦めたつもりでもどこか気はそぞろです。

も一度「さて」。飲まず食わずで煙を吸って。食った食べ物みな脂肪。これじゃ体にいいわきゃないよ…で、「電子辞書」って使い勝手の点でいいと思います?

息子がほしいと言ったので、型遅れの特売品を昨年(まだ働いてるときです)買ったんですが、基本的に一期一会ならぬ一語一義。

要はデジタルかアナログかということなんですが、正直私は紙の辞書のほうが調べやすいです。でもどっちがいいかということになると、実は電子時辞書には諸外国後の翻訳機能プラス音声再現機能がついてたりして、馬鹿に出来ない。

まあしょせん使う側が人間(アナログ)なんだから、手段はともかく目的さえはっきりしてりゃどっちでもいいのか。すみません。たんなる横やりでした。家では黙ってることが多いもんで。また外に行ってブコビッチさんやら五右衛門さんともしゃべる機会がない(あるけど行けない)もんで。もーしゃべりたくてしゃべりたくて。

投稿: 大阪酔月亭 | 2009年9月 2日 (水) 15時13分

「アジェンダ21」といえば,地球サミットで採択された行動計画。これは学習参考書にも出てくるので,知っていたが,記事の中味とは結びつきませんでした。

ルサンチマン,改めてWiki で見てみると,キェルケゴールからニーチェらにつながる哲学的概念とのこと。ちょっと難しい。「ルサンチマンに陥る」「ルサンチマンの人」というように使われている。

強者に対して,有効に対抗的な行動をなしえない弱者の憤りや怨恨,憎悪,非難の感情というならば,強者=B堂のM会長,弱者=労働組合員となりそうだが (^o^)

弱者は,復讐心が脅迫観念になったり,ある行為を後悔するあまり日々悶々として,気の休まるときがなくなってしまったりして,ルサンチマンから逃れられないらしい。そして,フラストレーションの味方をして,なにもできないのを正当化し,価値の否定および反転を行うに至るとのこと。行動によって反応することができない自分を正当化しようとするこの願望こそ,ルサンチマンが奴隷精神である最大の特徴とされる。……。
う~~ん。よく分かりません。

こんな言葉をポッと使うような著者に対して,編集者はちゃんと指摘しなければ。

投稿: めいせい | 2009年9月 2日 (水) 12時44分

アジェンダはシステム手帳にはまっている時に覚えた単語ですね~
ルサンチマン…は初耳ですが、音感的にフランス語とかラテン語起源なのでしょうか?

最近のカタカナ励行にはちょっと呆れます。
めいせいさんがして下さってる引用を見たってバランス的にも「他者への憎悪や弱者の怨念に傾斜」でいいじゃないですか、ねぇ?(^^;
却ってわけがわからないというか…わざとぼかしているとしか思えないんですが。
…いや、もしかしたら「わからないことは人に聞かずに、自分自身で調べましょう!」ということですか??

投稿: こよしだゆう | 2009年9月 2日 (水) 04時02分

 アジェンデ大統領は知ってるが、アジェンダは知らなかった。ルサンチマンは私のことなので(^_^)知っている。
 それにしてもものすごいところに広告はいりましたね。読みにくくてかなわん。ここに入れるのはルール違反ではないでしょうか。

投稿: cleanhead | 2009年9月 2日 (水) 02時24分

追加。
アジェンダは,行動指針。
ルサンチマンは,弱者の怨念。

しかし,何わからんことゆうてまんねん,だな(^o^)

投稿: めいせい | 2009年9月 1日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタカナが分かりません:

« 定期大会に招待されまして | トップページ | 関西合同支部ミーティング »