« ゴマブックス | トップページ | あと19個 »

2009年9月 8日 (火)

失業者の要求

個人加盟ユニオンの運動が,企業別組合や合同労組の方向に引きずられないようにするためには,「社会性」をとくに強調していく必要があると思います。

出版労連の示している「要求基準」は,現実には企業別組合が自分の職場の経営者に要求する基準となって,広く社会に訴えるという性質を失っているように見えます。その最たるものが,裁判員制度に関する1万円の手当の要求でしょう。

しかし,出版情報関連ユニオンが示している「要求基準」は,今のところ,要求を提出する職場の数がごく少数であるという幸運にも恵まれて,出版情報関連産業の最低限の労働条件であるという社会的な位置づけを失っていないようです。執行委員会でも,この要求で社会的に打って出ようという運動方向が議論されています。

私たちユニオンの要求基準は,一定の社会的な位置づけがされているといっても,それは,あくまで雇用された労働者を前提にしているものです。経営者には要求を出さない(出せない)としても,労働者を雇う経営者はかくあるべきだという内容が,要求基準となっています。しかし,私たちユニオンでは,中小零細企業の労働者が多く,解雇争議も珍しくないので,組織内には,いつも失業者を抱えています。そういう失業者を組織内に抱えているというのは,企業別組合には見られない大きな特徴です。組合規約でもはっきりと,失業したからと言って組合員の資格を失わないと書かれているくらいです。

私たちは,不当な解雇やリストラなどに対しては,個別労働問題にせよ争議にせよ,経営者の責任を厳しく追及し,労働者の権利を守って闘っています。しかし,いったん争議が解決したり,労働者が退職して失業者になってしまった場合,組合としては,それからあとのことは“自己責任”というように処理していないでしょうか。争議は組合が責任を持つが,失業状態は自己責任となっているのではないでしょうか。

失業状態,雇用されていない失業者にとっては,私たちのユニオンの現在の要求基準には,どんな意味があるでしょうか。雇用している経営がいることを前提とした要求基準となっているために,ひじょうによそよそしくなっているのではないでしょうか。

ということから,私たちの要求基準の第一に,憲法第27条にも規定のある“勤労の権利”をかかげて,失業者と労働者の連帯をはかり,反貧困の運動とも連帯していってはどうでしょうか。この要求は,失業のない社会を実現しよう,たとえ失業しても健康で文化的な最低限度の生活を保障せよ(第25条)という,あくまで社会的な要求です。もしこの要求を出すとしたら,政府,政党,経営者団体などになります。個別経営の関与できる範囲を超えているからです。私たちの要求基準が,企業別組合や合同労組の方向とは大きく違っていると言うことをアピールでき,失業者の視点と一致できるのではないでしょうか。

|

« ゴマブックス | トップページ | あと19個 »

09ユニオン」カテゴリの記事

コメント

追加。

要求項目は,雇用されていない人も,雇用されている人も,
ともに結集できる,要求となるだろう。

勤労の権利が保障される社会を!
失業や貧困のない社会を!
現在の失業者にとっての要求は,
  健康で文化的な最低限度の生活を保障せよ!
  生活保護,雇用保険など,セーフティネットを確立せよ!
  そして,何よりも,仕事をよこせ!


失業や貧困のない社会といえば,
19世紀の先人以来の理想。
20世紀をへて21世紀にも掲げることになるのか。

投稿: めいせい | 2009年9月 8日 (火) 19時55分

安定した雇用が重要で第一の課題というのはそのとおりと思います。

労働組合としてのユニオンの方針としては、それに向けての社会的運動をすすめること、「就職ネット」を確立すること、組合員の職能的力量をあげるとりくみをすること・・・が具体的な課題と思います。
あまり難しく、大上段に考えることでもないと思います。

労働組合が組織としてやったことでは必ずしもないのですが、その「つながり」の力で仕事を確保した例はそうとうに多いと思います。

「いったん争議が解決したり,労働者が退職して失業者になってしまった場合,組合としては,それからあとのことは“自己責任”というように処理していないでしょうか。争議は組合が責任を持つが,失業状態は自己責任となっているのではないでしょうか」という認識は違うと思います。
良好な労使関係をつくっているところ、活動家が経営に入り込んでいるところ・・・といった条件はありますが、私の勤務先と子会社をふくめて、争議をたたかった人を雇用している例は非常に多いのです。個々人の再就職に労働組合が直接関与するのは難しいですが、そのネットワークは大きな力を発揮してきていることも認識しておいていただきたいと思います。

投稿: ピクシー | 2009年9月 9日 (水) 00時49分

 めいせいさんの問題意識は良くわかります。
 現在の出版産業(だけではないのですが)の未曾有の危機、前に書かれていたゴマブックスの民事再生法の申請にも表れているそれからするならば、そして失業や貧困は企業によるリストラや首切りから生じているのですから、失業や貧困のない社会を作るためにも、頭にそのようなスローガンを入れたほうがいいと思います。

首切り反対!賃下げを許すな!リストラ反対!
勤労の権利が保障される社会を!
失業や貧困のない社会を!
現在の失業者にとっての要求は,
  健康で文化的な最低限度の生活を保障せよ!
  生活保護,雇用保険など,セーフティネットを確立せよ!
  そして,何よりも,仕事をよこせ!

で、どうでしょうか?

投稿: cleanhead | 2009年9月 9日 (水) 02時09分

このところ,大阪支部の4人の組合員が失業して,苦労されているのをみてきています。また,大会で発言されていた派遣支部のMさんも,確か昨年の大会のときも失業中だったように記憶しています。いろいろな事情があるにせよ,それはそれとして,労働組合がどう関与するのか,できるのか,考えた方がよいというのが,このところの発端です。

就職ネットはうまくいけば(華々しい成果までは期待しませんが),仕事をよこせ!という要求の解決になると思います。また,東京では,組合員も多くいるので,そうしたつながりで失業中の仲間にいろいろなサポートが提供されているとのことですが,そうした様子は,僕の方では認識できていませんので(また,なかなか表だってアピールするようなことではないかもしれませんし),その点は,僕の方に認識不足があるのは確かでしょう。

ただし,交流会の割り勘のときに,争議中の人は1000円だったのに,失業中の人は一般並みの2000円だったのは,ちょっと納得がいきませんでした。両方とも,職と収入がないのは,同じですので,同じ扱いにした方がよかったのでは?

就職ネットは,京都から見ていると,どのくらい機能するのか,ほとんど想像ができません。大阪にもその力量が波及するとよいのですが。

今朝はこれにて時間切れです。

投稿: めいせい | 2009年9月 9日 (水) 07時33分

失業者の一人として。あくまでone of loosers ですからね。

スローガンや理念はともかく、「仕事」って何やろと最近思います。
当然毎日暮らさんとアカンわけやから、そのためには金(カネ)がいる。金は降って湧いたりせえへんから、それをつくる営みのひとつが稼ぐということか。
「稼ぐ」はノギヘン」に家」とかきますがこれは農業が暮らしの中心であったことの名残かも。
その農業はといえば、いくら名前をかえようが「国」が経営する組織の搾取の対象で、コメ農家の年収は通常の労働であれば40万弱という。
それで生活するのだからヒノマルのオヤカタに頼る。頼られたほうは文字通りの親方日の丸で左うちわ。相互依存の関係が成り立つと。
p.ブルデュー言うところの「共犯」関係。だから先日、何でだったか(たぶん朝日の土日版いずれかの“Be”)読みましたが「農業の、他者依存脱却」を理念に、それを実践している若手農家の方が取り上げられていました。農家ですら、と言ったら失礼か、そんな努力してるんやもん。黙っててオファー受けることなんてあるか。
「自己責任」論に関しては、いろいろ個人的にも異和感もあるし言いたいこともあります。でも、仕事は待っててくるもんではない、という実感もあります。
「change チェンジ」も然り。言うはたやすいが、行うは難し。
もしほんとうに「失業者」が「仕事」がほしいなら、自分からアプローチするだろうし何らかのアクションを起こすと思います。ただ、「自己責任」と違うのは、市場主義経済ゲーム原理のテーブルでは、「さまざまなルール」が「買い手」(親、ですな)の側に極めて有利なトラップとして機能していること(労働法すらそうかもしれない)。
ちなみに、私はだれもがすべての権利を有し、かつ勤労の義務を負わない社会を理想としております。
ありうるかっ!

投稿: 大阪酔月亭 | 2009年9月 9日 (水) 13時23分

要求項目の検討として

不安定非正規雇用の根絶…派遣法の抜本改正
全国一律最賃1000円以上
長時間労働の規制,サービス残業の根絶
失業給付と再就職支援の充実

総選挙みたいになってしまうが。

投稿: めいせい | 2009年9月10日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/47903555

この記事へのトラックバック一覧です: 失業者の要求:

« ゴマブックス | トップページ | あと19個 »