« 夏休みの最後はライブ | トップページ | キンドルで新聞 (^o^) »

2009年8月25日 (火)

スポーツ中継

コンピュータのない田舎に帰省していると,テレビを見る時間ができる。夏は高校野球だ。抑制された解説がほどよい。郷土代表みたいな面もあるので,テレビは民放でも片方のチームを応援するわけにはいかないのだから,バランスが取れている。

これが,ドイツとのバレーの試合となると,すさまじい日本応援で,耳が腐りそうだ。僕は,別にドイツも日本もどちらも応援しているわけではないし,どちらも応援しているのだが,アナウンサーの言からして,大声で日本を叱咤激励するので,うるさいとしか言いようがない。解説者は,もっと均衡の取れた解説ができないのか。日本にだってドイツ人はいるだろうし,ドイツ好きの日本人もいる。そういう層は丸ごと完ぺきに無視されているわけだ。

アメリカの野球(メジャー?)でも,松井とかイチローはニュースによく出てきてヒットが何本とか聞こえてくるが,アメリカ人やキューバ出身者にも素晴らしい選手はいるはずなのに,そういう選手のことは,まるで出てこない。あたかも,アメリカの野球は,日本人選手だけでやっているみたいだ。

|

« 夏休みの最後はライブ | トップページ | キンドルで新聞 (^o^) »

私事私用」カテゴリの記事

コメント

オリンピックなどになると,
新聞でもナショナリズムが鼻につきますよね。
「オレは日本なんか応援してないぞ」と大声で言ってやりたいものです。
夏休みが終わってまたテレビのない生活に戻りましたので,
平和ですが (^ ^;;

投稿: めいせい | 2009年8月27日 (木) 19時41分

おっしゃるとおりです。
マスメディア(特に全国紙とテレビ、キー局)は不特定多数の「日本国民」の共通の関心事を大きく報道します。巨人ファンも、阪神ファンも、中日ファンも・・・日本人大リーガーを応援します。したがって、スポーツのおもしろさ、ゲームの機微、さまざまな選手・・・勝敗などよりも、日本人選手の打席、投球などがひたすら大きく報道されます(大勢いるので、誰かが活躍する)。
私はこれを評して、報道の「断片化、劣化、ナショナル化」といっています。スポーツに限らず、すべての面の報道に関して、この評はあたっていると思うのです。よくないこと、要改善です。

投稿: ピクシー | 2009年8月26日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ中継:

« 夏休みの最後はライブ | トップページ | キンドルで新聞 (^o^) »