« 裁判員制度のこと | トップページ | フラメンコはいかが? »

2009年3月19日 (木)

テレビを見る生活

 愛媛県の実家に帰省すると,パソコンがないし,インターネットもない。昨年末は,ネットブックを持っていったが,インターネットにつなげないと,パソコンもまるで面白くないことが,よく分かった。田舎だから公衆無線LANなど洒落たものは,当然ムリ。携帯のせまい画面で「なかまネット」をチェックするのがやっとだが,それも画面移動などの操作全般が面倒になってしまう。ましてや携帯で文字入力をする気にはなれない。

 自分の家では年間で数時間しかテレビを見ないのだが,インターネット環境がないと,その時間分テレビを見ることになる。そのテレビは,デジタル放送も受信できる大型の液晶。

 そして,分かったこと。

(1) アナログ放送にくらべて,デジタル放送は画面がずいぶんときれいなこと。さすがデジタル。アナログとデジタルのちがいは,はっきり分かる。ただし,デジタルは,ときに「電波状態云々」の表示が出て,音声が途切れ途切れになったり,画面に四角い色模様(ドット)がザッザッと出てきてチラつくことがある。田舎だから電波が弱いのかな? そういう状態になると,見ていられない。アナログ放送の方がはるかに安定している。

(2) 画面が大きいので,登場する人の顔が大きすぎ,毛穴まで見えるようで,気持ちが悪い。見たくないものを見させられているような感じになる。

(3) ただやかましいだけのバラエティ番組が多い。そういうバラエティ番組では,芸能人の名前などの知識がないと,まるで面白くない。だれとだれが結婚しているかとか,そういう「基礎知識」がいるみたいだ。何が面白くて笑いがおこっているのか,わけがわかんない。

(4) ニュース番組では,同じニュースをくり返して放送していて,やがて退屈する。飽きてしまう。その上,どのチャンネルも代わり映えしない。インターネットの情報の方が,はるかに多様性がある。

 というわけで,やっぱりテレビは要らない。2011年7月24日(もうすぐだ!)を最後に,自分の家の今の19インチのブラウン管テレビは,廃棄物にするだけ。ただ,田舎では何とかインターネットを利用できるようにしたいな。

|

« 裁判員制度のこと | トップページ | フラメンコはいかが? »

私事私用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビを見る生活:

« 裁判員制度のこと | トップページ | フラメンコはいかが? »