« Cube その後 | トップページ | Cube その後,その3 »

2008年12月31日 (水)

Cube その後,その2

(1) OSのバージョンアップ

 Cubeのもともとのインストールディスクは,Mac OS 9.0というバージョン。それを,まず,ダウンロードした9.1にバージョンアップして,それから,これもダウンロードした9.2.1へ。それから,9.2.2へとすすみ,これがMac OS 9の最終バージョンとなる。次はもう,UNIXベースのOS X だ。

→OS 9.1
 http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/macos_9.1_update.html
→OS 9.2.1
 http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/macos_9.2.1_update.html
→ついでに,OS9で動くiTunes 2.0も。
 http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/itunes_2.0.4_macos9.html

(2) Cube 本体のファームウェアのアップデート

 こんなのもあるんだ。ということで,ダウンロードして,アップデートした。ただし,図解も入っている説明書をプリントアウトして良く読んで実行しないと,分かりにくい。Cube本体のリセットボタンの横についているスイッチが,プログラマボタンといって,これを使うとのこと。最初はなぜだか失敗。プログラマボタンの押し方,離し方が悪かったのかな。二回目で,アップデートに成功。

 http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/g4cube_fw_update_4.1.9.html

 このアップデートをインストールすると,PRAM(パラメータRAM)が初期値にリセットされるとの注意書きがある。後になって画面を見ていて気付いたことだが,画面下にあって出したり入れたるすることができるコントロールバーが消えてしまっていた。これは,コントロールパネルの中で設定し直して,復活させることができた。

(3) メモリの増設

 Cubeのメモリは,「PC100」の168ピンSDRAM。互換性があるので「PC133」でもOKだが,値段は少し高くなるはずだし,動作はPC100となるので,できれば,PC100がベスト。その中古メモリ512MBを3本,計1.5GBを中古パーツショップで見つけたので,即仕入れた。Mac用とか,ましてはMac Cube 用とかは表示されていなかったが,規格がPC100とあったので,まあ,大丈夫だろう。PC用として売っているのだろうし,古い規格ということで,Cube用としてオークションにでている相場よりかなり安価だった。

 家に帰り,さっそく挿入してみたところ,起動直後にメモリ不良の警告がでて,合計1GBしか認識されない。1本がはずれか。システム・プロフィールを見ると,三つのスロットのうち,中央のメモリが認識されていないようだったので,差し込み方の問題かもしれないということで,二枚のメモリの場所を変えてみたところ,今度はすべて正常に認識された。これで,メモリはフルに積んだことになる。もとの64+256=320MBは,はずしたまま。古いPCで使えるか。

(4) ドライブの排出不良

 もともとのDVDドライブのほかに,後に発売されたCD-Rのドライブ単体もオークションで入手してみたが,両方とも症状は同じ。ドライブの蓋を取って動作を見てみた。ディスクの排出はまず小型モーターが回って,第一段階はプラスチックのてこでディスクを少しグイッと押し上げ,第二段階はゴムベルトで回転を伝えてディスクを引き上げるというような感じ。排出の第一段階はうまくいっているようだが,これだけではディスクを取り出せるほどには,動かせていない。第二段階も必須だ。

 ここに問題があるかもしれない。ゴムベルトを交換してみてうまく動くなら,それで解決するかもしれないということで,大きなホームセンターなどを回って探してみたが,代用できるようなサイズのゴムベルトは見つからなかった。輪ゴムでは伸びすぎて,力が伝わらない感じだ。

 オークションの中に,こういった排出不良の修理の出品があるので,それに頼るか,どうするか。これはもう少し考えてからにしよう。外付けのドライブとか,ネットワークの利用とか,そのあたりのことも調べてみよう。とりあえず,こんなドライブは本体に入れ直してもし方がないので,取り付けないままにしておく。

(5) スピーカーから音が出ない

  そうこうしているうちに,USBデジタル接続のスピーカーから音が出なくなったのに,気がついた。以前に左右のスピーカの出力テストなどをしていたので,もとは音が出ていたのに間違いはない。ファームウェアのアップデートで設定が変わってしまって出なくなってしまったのか,デジタルアンプが壊れてしまったのか。コントロールパネルの中のサウンドの設定では,スピーカーのタブがグレイアウトされていて,設定の対象になっていない。システム・プロフィールでは,ちゃんとつながっている表示になっているのだが。

 2~3日悩んだ末,ひょっとしてCD-RドライブもDVDドライブもはずしたままにしているからかなと思いついた。Cubeには,サウンドの入力や出力のミニプラグなどはハナから付いていないので,ドライブというサウンド入力装置が存在していないために,サウンド出力の設定も消えてしまうのかもしれない。そういうことで,ドライブを接続してみたら,ちゃんとスピーカーが認識され,音も出た。やれやれ。

 そういえば,DVDドライブをはずして,CD-Rドライブにつなぎ変えると,appleメニューの中からは,DVDプレーヤーという項目がなくなってしまうことにも気がついた。ハードウェアの構成によって,いろいろなところまで自動的に変化していく様は,見事というか,はたまた勝手すぎるというか,ひじょうになじみにくい感じがする。

(6) 次は。

 Windowsマシンや,Mac mini などとのネットワークの設定。だが,今年はここまでで時間切れ。お終いだ。

|

« Cube その後 | トップページ | Cube その後,その3 »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145753/43586776

この記事へのトラックバック一覧です: Cube その後,その2:

« Cube その後 | トップページ | Cube その後,その3 »