« せわしない夏 | トップページ | XPではたいへん,IDE互換モードからAHCIモードへ »

2008年7月31日 (木)

ユニークなネッツの大会議案書

 今年7月の出版労連大会に配布のビラ,資料の中でいちばん目をひいたのは,ネッツの大会議案書でした。労働組合の定型的なものから,大胆な構成に変身しています。組合員への呼びかけなど,かつてないユニークさで,新しいセンスがうかがわれました。

 ただ,当のネッツ大会の中では,その形式に対しては,情勢分析がないとか,現代の社会の中での労働運動としての位置づけが足りないなどの指摘があったと聞いております。あまり詳しいことは分かっておりませんが。

 それで,僕なりにネッツの議案書を検討して,ユニオンの議案書と比較してみました。

(1)ネッツの議案書の良い点-その1

→文字数がぐんと少ない。

・議案書を,イラスト感覚で作成すれば,全体のデザインの中で文字は制限されるテキスト枠という感じでしょうし,文字は少なくなります。

・編集感覚で作成すれば,文字は本体となりますので,説明するために分量が増えます。イラスト感覚で行かないと,文字削減は困難だと思われます。議案書を作るのは,イラストレータか,編集者か,ということになると,イラストレータが大枠を作成しないと,文字は減らないと思われます。

(2)ネッツの議案書の良い点-その2

→「活動報告(総括),その次にすぐに,今年の方針案(課題)」という連携が明白なので,課題が明白になっている。

・ユニオンの議案書は,活動報告が別冊になっていて,かつ昨年はパスされ,経過が十分に明らかにされていないように思われます。総括なしで課題が出てくるはずがないので,総括の整理をパスするのは良くないと思います。

・そこで,ユニオンの議案書としては,活動報告について,下記のように要検討か。

1)最低限,活動報告をぜひ,まとめて配布したいものです。労連大会でも,方針案と一般報告が別々になっていますが,読んでいておもしろいのは,一般報告の方ですし(全組合員には配布されません,各単組と,代議員のみ),方針案が出てくる根拠が明白でなくて,一般報告を読んで初めて理解できることがあります。……書記局は,原稿の督促がたいへんかもしれませんが。

2)改善案。今年のユニオンの議案書では,方針案(課題)を記述する所に,その方針を立案するに至った総括の部分を,参照か所とか,参照ページとか,簡単に枠囲みなどで総括を記述するとか,関連づけを工夫してはどうでしょうか。……作業的に手間がかかって面倒かもしれませんが。

3)抜本的な改革。「活動報告(総括)→今年の方針案(課題)」を連続して配置して,一冊の大会議案書に統合する。この場合,「活動報告(総括)」の部分と,「今年の方針案(課題)」の部分を,タイトルなどではっきり切り分けて,配置します。例えば,委員長が担当する冒頭の,「この1年をふりかえって」と「はじめに(新しい1年のために)」を,ページを連続して配置するわけです。……ただ,全項目になると,目次立てから考えておかないと,統合しにくいところがあるかもしれませんが。
……また,今からでは,時間的にちょっと無理かもしれませんが。
……これは,さらに議論が必要かもしれません。
……いずれにしても原稿がきちんとそろわないと,作業は大変だと推察されます。

(3)ネッツの議案書の良い点-その3

→課題を提示しながら,「あなたに,できることがあります」として,組合員個人の課題を明示している。組合の活動と,組合員の活動や参加の課題とを別に提示したいという狙いが,個人加盟の労働組合らしい形と言える。

・ユニオンの議案書では,組合の課題が提示されているが,組合員個人として,どうなのか,訴えていくようになっていない。

・そこで,ユニオンの議案書でも,方針案(課題)の中で「あなたに,できることがあります」(敬意を表してパクっては(^ ^;;)というコーナー(枠囲み)を設置して,個人加盟ユニオンを支えるのは,組合員一人一人であるという理念を明白にしてはどうでしょうか。

(4)ネッツの議案書の良くない点

→総括と課題が網羅的に羅列されているので,組み立てや流れが分かりにくい。

・グレードを付けたナンバリングがないので,構造がつかみにくい。現在のユニオンの議案書は,まず時計数字の1,次に[1],(1)といったナンバリングにともなって,構造がきれいにできている,課題が整理されているので,分かりやすくなっています。これは崩さないで行きたい。

(4)その他

・ネッツの議案書の中の「加入後のフォロー」というテーマには,考えさせられます。

・トラブル発生→ユニオン加入と初心→自分の問題の解決→そしてユニオンの組合員として定着,ユニオンの中で自分の居場所や課題を見つける,
 というように理想的な方向に展開していくためには,運動面,組織面で何が必要か,議論の場がほしいと思います。それは,個人加盟ユニオンの運動と組織に関する議論でもあると思います。

・当面,「なかまネット」の中にコミュニティを設定していくか。

|

« せわしない夏 | トップページ | XPではたいへん,IDE互換モードからAHCIモードへ »

08-Union」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニークなネッツの大会議案書:

« せわしない夏 | トップページ | XPではたいへん,IDE互換モードからAHCIモードへ »