« 広がる裸地砂漠 | トップページ | ■出版労連と社会運動的な方向について »

2008年5月29日 (木)

京都テルサの草

 ここに写っている花は,5月末の京都テルサの草。中央の赤いボンボンみたいな花が,アカツメクサ。左上の紫色の小さい花が,キキョウソウ(桔梗とはちがう草)。花が白っぽくて小さく,葉や茎が赤くなっているのは,アメリカフウロ。実が付いて紅葉してきた頃だ。フウロソウの仲間は,実の付き方が見ておもしろい。右上の黄色の花は,ツキミソウかな。
 そして,この写真を撮った翌日には,すべて,根から抜かれて,運ばれて,おそらく焼却炉で燃やされてしまったというわけだ。

|

« 広がる裸地砂漠 | トップページ | ■出版労連と社会運動的な方向について »

Office」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都テルサの草:

« 広がる裸地砂漠 | トップページ | ■出版労連と社会運動的な方向について »