« 5/3にパソコンを組み立て | トップページ | 砂漠化の推進 »

2008年5月 5日 (月)

GWの日本橋詣でで見つけたもの

 5月5日はお正月に続いて,今年2回目の日本橋詣で。いつもの三人組のはずだったが,一人は旅行中だったので,K労組委員長のM君と二人で回ってきた。

 M君は着いて早々にお目当ての「ハンズフリー&ポータブル拡声器」を見つけて上機嫌。日中韓・歴史体験キャンプで昨年,韓国の人が使っていて,日本側が「伝統的手持ちハンドマイク」で,情けなかったことから,探していたとのこと。

 その後,いくつかのパーツショップをまわり,僕は,光り物を三つほど仕入れた。ケース内に入れる赤い30センチのネオン管,USBポートにさすLEDライト,回転すると青く光る8センチのケースファン。三つとも,早速,3日に組み立てた息子のパソコンに吸収されてしまったが。

 夕方になった頃,パーツショップの2階でソフトウェアの安売りコーナーにめぐりあった。確か,以前はこんなに大きなソフトコーナーはなかったのに思いながら,見ていくと,ゲーム関係以外のビジネス系のものも結構あって,いずれも超激安ばかり。二人とも興奮して雑多なソフトをかき分け,箱をひっくり返し,それぞれ,3~4本をゲットした。

 で,そこで発見して目を丸くしたのが,文英堂のシグマベストのロゴがついた「教科書ナビ算数6年」と「教科書ナビかん字1年」という,ask版「教科書ナビ」シリーズ。文英堂が書店ルートに出し,共同開発のaskがPCショップルートで販売したと聞いている。
 定価は5800円であるが,その店では,両方ともわずか480円であった。かわいそうに,1割以下の価格になってしまっている。投げ売りというか,在庫処分というか,もってけ泥棒という感じ。

 
 「かん字1年」が1冊,「算数6年」が4冊。売れない商品のなれの果てを見てしまった。

 職場では,「教科書ナビ」シリーズがどれくらいの売上があって,現在はどうなっているのか,そういう説明,報告,総括と今後の方針などを聞いたことは一度もない。

 

|

« 5/3にパソコンを組み立て | トップページ | 砂漠化の推進 »

P C」カテゴリの記事

コメント

GWの日本橋詣では、なかなかの収穫のようで良かったですね。人出も多かったことでしょう。次の参拝にはご一緒したいです。
 B社の教科書ナビシリーズのCD、忘れもしません。大金をつぎ込んで出版して、その結果の総括は、なかったんではないでしょうか。少なくとも僕らは聞いていません。なぜ反省が必要かというと、この商品は、CDの性質、利用方法をちょっと理解していたら、作る前から売れないということが判っていたからです。それでも膨大な?経費をかけ、その結は一時金のダウン、賃上げの抑制に影響したと記憶しています。アーー。もういやなことは思い出させないでください。

投稿: 望月充郎 | 2008年5月 7日 (水) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWの日本橋詣でで見つけたもの:

« 5/3にパソコンを組み立て | トップページ | 砂漠化の推進 »