« 出版労連 結成50周年記念パーティ,配布チラシ | トップページ | 「教科書労働者総決起集会in大阪」 »

2008年2月27日 (水)

オークションの教訓

 これまで気にかけていたある三線・沖縄民謡シリーズ,五枚組みセットCDが,同時に二組(二人の出品者から一枚ずつ),オークションに出た。一つの出品は,1100円から上限なしで出ていて,僕が1100円に入札したあと,翌日に,他の入札者が1200円にしてきた。もう一つの出品は,1680円の希望落札価格付き=これが上限(1680円で即落札。ということは,まだ誰も入札していないという意味)であった。

 そこで,一つめの方で,規定の入札単位100円ずつ,金額を上げて入札していく。そのたびに,相手は自動入札(あらかじめ設定した最高入札額まで自動で対抗する)でこちらを上回る金額を入れてくる。そして,僕が1600円を入れると,相手は自動入札で1700円を付ける。この時点でこちらへの入札を止めて,希望落札価格1680円の出品の方に切り替えて,そちらを即落札する。相手の方は,どこまで奮発して自動入札を設定しているのか分かりませんが,入札前には,必ず同種商品の検索をしておかないと,みすみす高いものを買ってしまうという教訓ですね。そういう事態になっていると,気がついたかどうか,分かりませんが。セット組CDなので,どうしても欲しかったのでしょうね。

 ただし,これは気がついていたことですが,希望落札価格付きの出品は,五枚セットのうち,一枚だけが欠けている。残り一枚をどうするか。今の相手と最後まで競り合うか(興奮している様子なので高くなりそうだ),はたまた,時間をおいて次の出品者を待つか(いつになるか分からない),思案のしどころ。

 ためしに,amazonのマーケットプレイス(中古)をみると,ずっと低価格で750円とあった。じゃ,欠けている一枚は,送料などがかかってもamazonにしよう。他の四枚も試しにamazonの中古をみてみると,値段はいろいろながら,オークションより安めであった。ありゃりゃ,まいったな。

 やれやれ,amazonは,CDの中古もけっこうたくさんあるんだ。入札前には,こちらも検索しておくべきだった。これは僕の新しい教訓だ。ただし,購入する相手の数が多いと,やりとりに何かと手間がかかり,送料,送金手数料も別々にかさむので,まあ,たいした違いはないはず,と,今回は自分を納得させました,とさ。(^o^)

オークションの教訓
 ①入札前には,必ず同名商品の検索をかけて,他に出品がないかどうか確認しておくこと。
  あわてて金額を入れずに,とりあえず「ウォッチリスト」に追加するにとどめる。
 ②新品では,「価格.com」 を調べること。
  オークションに熱中するよりも,実店舗の方がはるかに安価ということは,珍しくない。
 ③amazonのマーケットプレイス(中古)も調べておくこと。
  本やCDは業者の出品が多いので,かなり豊富で値段もそこそこ。
 
 

|

« 出版労連 結成50周年記念パーティ,配布チラシ | トップページ | 「教科書労働者総決起集会in大阪」 »

P C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オークションの教訓:

« 出版労連 結成50周年記念パーティ,配布チラシ | トップページ | 「教科書労働者総決起集会in大阪」 »