« 子育て応援中小企業認証制度 | トップページ | 中執・本部書記 出身地マップ »

2007年11月 5日 (月)

京都からの脇道メール(2)噂の広がる範囲

以下,Leapの原稿として送信したものです。

■京都や大阪で「いけず」というと,意地悪のことです。例えば「あの子は,ほんまイケズやなぁ。」などといいます。「1200’京都攻略計画」(http://www.ceres.dti.ne.jp/~aonuma/index.html)というホームページに「京都人のココに気をつけろ!」という記事がありました。

■以下,引用です。****京都人は,「いけず」である。そして「陰険」である。型にはまらない奴とは徹底してつき合わない。そして次の作戦は,陰口と噂話で外堀を埋める。もちろん,お会いすれば,何事もなかった様に笑顔だ。そのやり方は,常に陰湿である。京都のみならず,この国の人間の特徴でもあるが,特に京都はきつい。****引用終わり。

■「日本人とは……」とか「中国人とは……」と同じことで,一般化されて(ときにデフォルメされて)いる全体像は,個々人とは違うものです。ですから,ユニオンの京都支部にも何人かいる,京都生まれで京都育ちという人に当てはまるとかいうものではありません。

■この記事で気になったのは,「噂話」ということです。ある人に関する噂は,その人には直接には伝わらないようになっていて,その人の周辺すべてに伝わるものです。その噂を誰に話したら大丈夫か,誰に話したらまずいか,そういう見えない線引きが行われていることが多いものです。職場のような所で,そういう線引きが行われていると,その人(及びその人の少数の仲間)を除いて,その他大勢が共通の話題(噂話)をもっているという関係になります。こういう状態は,職場での「いじめ」「排除」と結びつきやすいので,人間関係という点で問題です。

■風通しの悪い職場では,公式の情報が少なくて,本来は公式的な情報まで含めて私的な情報もいろいろな噂話として流通することが多いものです。そして,そういう影(表でない裏側)に流れる情報をどれだけたくさんつかんでいるかということによって,「情報通」といわれて「頼り」にされ,それでもって鼻を高くする人がいるものです。そういう「情報通」は,うわさ話の流れる道筋にも通じていて,グループごとの勢力関係とか,排除されているマイナーグループとかを,つかんでいます。噂話の広がる範囲をつかんでいるわけで,こっち側の噂話をあっち側に流したり,虚構に近い話でも故意に流したりします。

■たとえばある職場では,退職などの「お知らせ」(会社の公式の回覧)は,7日前からしか回覧されません。そのため,送別会などは,公式的な参加確認をすることができず,バタバタとします。しかし,自己都合退職なら1か月前から管理職は知っているわけで,それが噂話として徐々に職場に広がっているのです。が,そういう情報をいつも早い時期から知っている人がいる一方で,いつも最後まで知らない人もいます。噂話が流れる範囲が決まっているわけです。いつも最後まで知らされない人は,そのうちに自分が排除されていることに気付くわけです。ある時,何かの拍子に「あっ,そうか」と気付くわけです。

■こういう状況では,共通の目標に向かって一致団結ということは,絵空事だと思います。

|

« 子育て応援中小企業認証制度 | トップページ | 中執・本部書記 出身地マップ »

Leap」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都からの脇道メール(2)噂の広がる範囲:

« 子育て応援中小企業認証制度 | トップページ | 中執・本部書記 出身地マップ »