« ユニオンSNSは,反応ゼロ | トップページ | 京都書房労組の大会へのメッセージ »

2007年7月29日 (日)

個人加盟組合の中に潜む企業別組合の影

 企業別組合との関連で,下記につき,疑問がありますが,貴君はどうお考えでしょうか。
別に急ぎませんので,ちょっと考えてみていただけませんか。

(1) 会社X…リストラ提案を機に全員が個人加盟組合に加入。ただし,当該の人は,企業別組合をイメージしていた傾向あり。

 ・最後まで残っていたA氏が脱退するときに「一人では無理。苦しい」と言っていたのは,何故なのか。個人加盟ユニオンは,一人が原則のはずなのに。
 ・経営者に要求を出して闘うイメージ?
 ・企業別組合のイメージは,どう払拭されたのか。
 ・個人加盟ユニオンの意義は,どう訴えられたのか?

(2) 会社Y…リストラ→企業別組合のイメージで労連に相談。
 →二人がユニオンに加盟→過半数で企業別組合の結成,当の二人は二重加盟。

 ・現在は,ユニオンと企業別組合のとの直接の接点なし。
 ・現在の企業別組合はは,賃金一時金の闘いがそのまま合理化との闘いになっている(子会社の低賃金化,差別との闘い)。
 ・このままでは将来はどうなるだろうか。
 ・~「企業別組合なら過半数をめざすべきだ」が,
   ユニオンならそうでなくて良い?
   (ユニオンなら過半数は無理ということ?)
 ・企業別組合にはどう働きかけていったらよいか?
   どういう関係をつくっていったらよいか?
   やはり,あせって無理をしない方がよい!

(3) 会社Z…企業別組合で活動→少数化→ユニオンへ移行→少数の組合員に対する「いじめ」から職場排除へ→職場での組織拡大

 ・企業別組合から個人加盟ユニオンへの移行は,どのように総括はされているのか。
 ・企業別組合のように拡大した新組合員は,ユニオンとどういう関係をつくっていったらよいのか。
 ・現在の日本では,社会的には企業別組合が優勢なので,それをめざす動きが出てくるような素地,可能性はゼロとは言えないのではないのか。
 ・そうした動きが出てきた場合,どう対処するのか。
 ・事前の教宣,学習が不可欠ではないか。
 ・つまり,「職場での組織拡大」は、ユニオンにとって「重要な課題」なのか?どうか?

(4)職場での組織拡大がすすむ条件とは?

 ・また,職場での組織拡大が進まない条件は何か
   (1)労働条件がそこそこ
   (2)労組加入によって,何か失うものをもっている
     失うものが何もない上,さらに職を失う場合→労組加入
   (3)経営者の労組敵視政策
     大企業では,「ものを言えば首」が当たり前。


追加です。

(1) 企業別組合では,職場内の組織拡大が労働条件の前進につながりやすいが,個人加盟ユニオンの組織拡大は,個々の職場の組合員にとって,労働条件の向上にはつながらない。解雇,リストラなどとの闘いでは,労連=ユニオンの力量で要求を実現することが可能であるが,賃上げ,一時金ではほとんど無理。

 ということは,文英堂のような職場において,賃上げ,一時金の要求実現のためにユニオンに入ってくる人はいない。組合が賃上げなどに関して発揮できる公益性がなくなっているうえ(査定をよくした方が早道),組合加入のデメリットの方が大きいから。

 ただし,賃金などが,労基法違反とか,最低賃金法違反の場合は,加盟契機になる。こういう場合にのみ,ユニオンの出番があることになるのか。

(2) 企業別の文英堂労組,中央図書労組でも,解雇や組合攻撃には労連全体で反撃できたが,賃上げなどは,企業内組合では展望が持てなくなっていた。で,ユニオンになったら展望が持てるかというと,必ずしもそうでない。

 賃上げ,一時金で要求が実現するようになるには,個人加盟ユニオンが産業別交渉権をもって,経営者団体と団交ができるようになってからのことか。

(3) 会社Yのように,リストラとの闘いで決着がついた後,組合員は何の要求にもとづいて団結するのか。
→「してもらう組合員」から「してあげる組合員」へ,という課題を求める
のか。
→自己実現(アイデンティティ)のためには加入していることが必要条件なのか。

(4) 会社XのA氏の手紙ですが,下記のようになっています。

「職場で一人というのはやはり何かとやりづらいものがあります。一人だと
要求も出しにくいです。何事も一人では行動を私は起こせないです。組合員の皆さんがバックにいてもらえるのは分かりますが。」(2005.12.26)

 別に要求など出さなくて良いし,出していない組合員もたくさんいると言
うことを彼は知らなかったのか,どうか。このあたりは聞いてみないと分からないかな。

 「個人加盟ユニオンの中に潜む企業別組合の影」とでも言ったらよいのでしょうか。ユニオンの職場別交渉は,企業別交渉であり,どうしても企業別組合のような感じになりやすいので,そのあたりの区別というか,けじめというか,そこをはっきりさせないと難しいことになるのではないでしょうか。

|

« ユニオンSNSは,反応ゼロ | トップページ | 京都書房労組の大会へのメッセージ »

07-Union」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人加盟組合の中に潜む企業別組合の影:

« ユニオンSNSは,反応ゼロ | トップページ | 京都書房労組の大会へのメッセージ »